新着情報

不妊治療中のエロ妻に遠慮無く中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

2年くらい前の話なんですが・・・。
俺と美奈代(33歳)は、某チャットで知り合いました。
最初はありきたりな会話からお決まりのプライベートな話へと移り、お互いに恋愛感情を持つまでにあまり時間が掛かりませんでした。

それからプラトニックのまま2、3ヶ月が過ぎた頃、某チャットで『オフ会を開こう』という話になり、俺と美奈代は(お互いに遠距離の為)今回がチャンスとばかり参加表明しました。

当日は美奈代が先に東京に着く為、俺を空港まで迎えに来てくれるとのこと。
以前から写メの交換とかはしてたから、すぐお互いに分かりました。
最初の一言が、「やっと逢えたね」でした。

夜になり、オフ会が過ぎ、2次会も過ぎ、話しながらホテルに戻ろうとした時、美奈代がポツリと、「私、子供が出来ない身体なんだ」と寂しそうに話し始めた。
ヤリ目的ではなかったけど、なんか心に引っかかるものがあった。
ホテルに戻ってからまた話を聞くと、旦那には「不妊治療をする為に東京行ってくる」と言って来たらしい。
その時点で俺は、(中出し出来るかな?)と・・・。

お互いにシャワーに入り、ツインなのに一つのベッドで寝ていると、俺は結構酔いが回ってきて(ヤルのは明日でもいいか)みたいな気分で話をしてるうちに、美奈代が涙を浮かべながら、「私のこと、好き?」って聞いてきた。
俺的には、『好きだから逢ってるんでしょ』って言いたかったが、いきなり行動に移した。

ディープキスをしながら軽くDカップのオッパイモミモミ。
乳首を軽くつねると、「あ~ん・・・あんあん」と盛りのついた猫の様な声。
でも俺は酔いが回って満足に勃ってない。
そうしたら美奈代から愛撫攻撃。
俺の乳首を舐め、そしてフェラ・・・。

十分に勃ってきたんで、「もう元気になったでしょ?」と言っても美奈代は口から離そうとしない。
好きにさせておいたら「貴方の汁、飲みたい」だって。

じゃあ一発目は口に決定みたいな感じで口の奥の方に発射。
美奈代は一滴残らずに飲んでくれて、更に絞り出す様にバキュームしてきた。

一発目が終わって、一息ついてから今度は俺が攻撃。
横になってても張りがあるDカップを激しく揉んだり舐めたりしながら乳首を甘噛み。
それで美奈代はエッチモード全開に入ったみたいで、まだ柔らかいチンコに口を這わせてきた。
俺は酔いがまだ回ってる感じだから勃ちが悪い。
必死にフェラしてる美奈代を見て頑張ってなんとか勃たせた。

すると美奈代がキテキテポーズ(M字開脚)で俺を誘う。
勿論、生のまま挿入。
でも濡れすぎてて、なんか気持ちよくならない。
そこで美奈代の愛液を吸える分だけ吸ってからまた挿入。
今度は気持ちがいい。
美奈代は挿れてから1分もしないうちに1回目の絶頂。
絶頂の間も突きまくってた俺。

結局30分くらいピストンしてたけど、3、4回は「イクイク~」とか「来て来てぇ~」と言ってた。

最後は、「一緒にイッて・・・」と美奈代の中に発射。
美奈代の満ち足りた顔を見て俺も大満足。
その後、裸のまま朝までぐっすりでした。

翌朝、お互いに目が覚めたら美奈代が、「まだ、アソコがヌルヌルしてる」だって。
それを聞いてムラムラしてしまった俺は、シャワーも浴びずにフェラ要求。
そのヌルヌルに突っ込んで連続2発、その間も美奈代は2、3回はイッた感じでした。

別れ際は、「一期一会」とお互いに言い合い、さよならしました。

それからもメールのやりとりをしてたら、半年ほど経った頃に美奈代から、『不妊治療の効果が出て、やっと妊娠できた』とメールがありました。
嬉しい様な哀しい様な、今となっては良い思い出です。

駄文失礼しました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいエンジェル

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン