新着情報

社長夫人のエロい腰振り

この体験談は約 3 分で読めます。

10年ほど前、大きな会社に嫌気が差し、小さな会社にとある部門の責任者として転職した際の事です。

泊りがけで温泉地にて忘年会がありました。
宴会が終わり、各部屋にて2次会が催され、私はそのうちの若い者だけが集まった部屋で盛り上がってました。
酔いが回り、お茶が飲みたくなって部屋のある階の自動販売機コーナーでお茶を買い、フラフラと部屋に戻ろうとすると、向こうから社長夫人が歩いてきました。

社長夫人は当時40代後半。
ちょっと派手目で長身、胸はあまり大きくないんですけどいいお尻。
タイトなスカートを穿くとついつい目が行ってしまう。
気さくに話し掛けてくれる人で、とても良くしてもらってました。

その時は社長夫人もかなり酔ってるようで、すれ違いざまに・・・。

夫人「顔真っ赤よww~」

私「奥さんだってかなり酔った顔してますよ~ww」

なんて他愛のない会話をしながらすれ違い、自分の部屋の鍵を挿そうとしたら、浴衣の袖を後ろから引っ張られたのです。
振り向くと社長夫人がいて、口の前に人差し指を立てて・・・。

夫人「シィー」

どうしたのかと困惑していると、夫人が小声で・・・。

夫人「お風呂は入ったの?」

私「宴会の前に皆で入りましたよ?」

釣られて私も小声でそう答えると、社長夫人は誰も居ないことを確かめ、私の腕を引き、泊まってる部屋のある階より上の階に連れて行かれました。
上の階に着いて、私が「どうしたんですか?」と尋ねても、夫人は「いいから!」と言うだけで、それ以上は何も言わず歩き続けます。

訳がわからないまま歩き続けると、その階にあるトイレに到着。
夜中だったので人の気配は全くしません。
女性用トイレの個室に連れ込まれ、鍵を閉められました。
ここまで来ても、酔っていたので何がなんだか全く分かりません。

鍵を掛け、一息ついた社長夫人がいきなり私のうなじにキスをしてきたのです。
何か内密な話でもあるのかと思ってた私の予想は嬉しい形で裏切られました。
私のうなじを舐め上げ、耳をいやらしく舐め、舌を入れてきます。
さすがに20代後半の私は理性が崩壊。
気が付くと艶めかしく舌を絡めていました。
夫人の手が、胸を擦り、腹を擦り、パンツの中へ。
もちろんギンギンです。
それを確認した夫人はしゃぶりついてきました。
片手でモノの根元を握りつつ、もう一方の片手では自分のアソコを刺激しているのです。
AVでも見ているかのような光景に物凄い興奮を覚え、爆発寸前。

ここで出すわけには行かず、フェラを止めさせ、洋式便器に夫人を座らせ、足を広げアソコにむしゃぶりつきました。
クリを舐め上げるごとに声を殺しビクンビクンと痙攣。
胸を触ると小ぶりな乳房に大きめの乳首をギンギンに勃起させてます。
乳首を優しく摘みあげながらクリを舌で弾きあげるとアソコからトロトロと愛液を垂れ流し、「もう入れてぇ」と懇願。

お尻好きな私は壁に手をつかせ、後ろから焦らすようにゆっくりと挿入しました。
ズップリと根元まで飲み込むと、私のチンコの先を子宮口に擦り付けるよう腰をグラインドさせてヒィヒィ感じ始め、夫人はすぐさまイッてしまいました。
イッた瞬間に潮を吹いたらしく、私の根元をグジョグジョに濡らし、膝まで愛液を滴らせています。
酔ってたせいもあり、これだけのエロい展開でももう少し余裕があったため、グジョグジョになったアソコを突き上げました。
夫人も自分の気持ちのいい場所に当たるように体勢を変えつつ感じまくり、何度も絶頂を味わってました。

私「もう出そう」

夫人「中にいっぱい出して!」

お許しが出たので奥まで突っ込み大放出。
放出と同時に夫人もイッたのか、ビクンビクンしながら床にへたり込んでしまいました。

しばらくするとお掃除フェラしながら、「あなたが入社してきてからずっとシタかったの」と夫人。
そこから5年ほど、月に2~3回お世話になってました。
未だに夫人のあのエロい腰振りを思い出します。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Love

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン