新着情報

初めて会ったその日に中出しさせてくれたメル友

この体験談は約 4 分で読めます。

メル友と会ってきました。
だいぶ前から、「会ったら流れでしちゃうかもよ~」なんて予告しておいた。
相手はたぶん30代。
聞けば今までもサイトで会ったことがあるらしく、まるで抵抗はなかったと言う。
彼女のスペックは155cm、45kgくらい、顔は安めぐみみたいな感じ。

僕「とりあえず少し飲みにでも行きますか?」

めぐみ「え、でも◯◯君車だから無理しないでいいよ~」

車を走らせ、とりあえずドライブする事に。

僕「どっか行きたいとこありますか~?」

めぐみ「うん、◯◯君が行きたいところでいいよ」

僕「なんか気に入って貰えて嬉しいっすよ」

めぐみは色んな話をしてくれた。
旦那と別れたこと、以前サイトですごいデブが来て思わずスルーした事など。

僕「じゃあ、僕はいい方ですか?」

めぐみ「一番だよw」

僕「ランクでいうとどの位?」

めぐみ「ランク?良くわかんないけど」

僕「食事レベルか、お酒レベルか、ラブホレベル?(笑)」

めぐみ「え~、じゃあラブホ(笑)」

みたいな感じで確定しました。

僕「じゃあ、いきなりラブホとか行っていい(笑)?」

めぐみ「うーん・・・いいけど」

俺の中で悪魔が目覚めた。
ラブホに着き、いきなりがっついてもアレなんで、しばらくは会話の続きをしてた。
何でサイトやってるの?とか。
めぐみは見た目はそこそこ美人だったので、何で出会い系やってるのか分からないから興味津々だった。
普段は仕事と育児で自分の時間がまったく無く、時々サイトで相手を見つけては火遊びを楽しんでいるみたいだった。
一通り話題も尽き、お互い今か今かと機会を窺ってた時に俺から口火を切った。

僕「めぐみさんて本当美人さんだよね~、なんか変な気を起こしそう」

めぐみ「え~、なんか緊張してきました~、変な汗がぁ~w、とりあえずシャワーします~」

何か急に敬語になる。
明るい所で顔を見て話してから弱腰になってきためぐみ。
こっから年上の女の“敬語でご奉仕プレイ”が始まった。

軽くシャワーを浴び、お風呂に浸かる二人。
軽く胸を撫でると恍惚とした表情をするめぐみ。
声を殺し、気持ちよさに浸っている感じ。
僕は、「暑くなってきた」と言って湯船から出て、縁に腰を掛け、めぐみの正面に下半身を向けた。

めぐみ「どうしたら良いですか・・・」

僕「好きにしてごらん」

めぐみ「はい・・・」

根元まで一気にめぐみの口が包みこんだ。
めぐみはいわゆる“好き者”だった。
フェラのテクも半端じゃなかった。
これが欲しくて仕方ない、あたしの大事なモノだと言わんばかりの、丁寧かつ隅々まで手を抜かない奉仕精神に富んだフェラだった。
調子に乗る俺。

僕「どう、俺のを咥えたかっただろ?」

めぐみ「ふぁひ(はい)」

僕「美味しいって言ってごらん」

めぐみ「・・・おいひいへふ(美味しいです)」

この後はもう俺の独壇場だった。

僕「どうして欲しいか言ってごらん」

めぐみ「・・・入れて欲しいです」

僕「スケベだなぁめぐみは。そんなスケベな女にお仕置きだな」

めぐみ「・・・ふぁひ(はい)」

場所をベッドに移し、フェラの続きを命令する。

僕「さあお仕置きだ。心を込めてご奉仕するんだよ」

僕は仁王立ちになり、ベッドに座るめぐみの正面に下半身を押し付けた。
めぐみは僕の腰に手を回し、密着しながら下半身に貪りついている。
喉の奥まで入っているのかと思うくらい全体を愛しく包み込み、ゆっくり、ゆっくりしゃぶっている。
めぐみをベッドに横たわらせ、小ぶりな胸を執拗に愛撫し続けた。

めぐみ「あっ、んっ」

微かに震えるめぐみは既に愛蜜で溢れていた。
めぐみの蜜はとても濃密で、触れただけで入れた時の快感を想像させるものだった。
俺はもっと濡れさせたい一心でめぐみの中を指でいたずらしまくる。
高速な指の動きでめぐみは悶え続ける。

めぐみ「・・・欲しいです」

僕「そうか、いい子だ」

こっちも早く入れたかったので一気に奥まで押し込んだ。

めぐみ「あぁっ!!」

今までにない艶っぽい声と、我慢し続けためぐみの愛液が俺をしっぽり包み込む。
快感以外の何物でもなかった。

僕「めぐみさん、いやらしいなぁ、何でこんなに濡らしてるの?何で?何で?」

いじめの様に責めたてる。

めぐみ「◯◯さんの・・・が気持ち・・・から・・・」

声にならないめぐみ。

僕「聞こえないよ、はっきり言いなよ!」

わざとキレ気味に言ってみた。

めぐみ「◯◯さんのオチンチンが気持ちいいからです!」

必死で声をあげて言うめぐみ。

僕「おぉ~、いい子だなぁめぐみは。じゃあどんな事しても気持ちいいか?」

めぐみ「どんな事でもして下さい、あぁっ!!」

それからはめぐみに凌辱の限りを尽した。
一度抜いたモノをしゃぶらせたり、立ちながら挿入、自慰強要、目隠し・・・。
快感の宴と化していた。
これらの行為は1時間近くに及び、僕も我慢できなくなってきていた。
早くぶちまけたい気持ちが高まる。

僕「あぁ~そろそろイキそうだよ」

めぐみ「(うん、と頷く)」

僕「どこに出して欲しい?」

めぐみ「中で・・・出してもいいよ・・・」

驚いた。
初めて会った中で、ここまで従順な女は初めてだった。

僕「ダメだよ、俺は顔に出したいんだから」

めぐみを試したつもりだった。
が、驚いた事にめぐみは俺の言葉に反応し、顔に掛かる前髪を後ろに分け、顔射の支度をする。

めぐみ「いっぱい掛けて下さい・・・」

その一言で俺は負けた。
顔はやめてめぐみの膣内に全部ぶちまけた。
抜いた後もめぐみは、「汚れちゃってごめんなさい」と言いながら僕のをお掃除フェラしてくれた。

長くなってすみませんm(__)m

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ペアレッスン

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン