新着情報

悪ふざけがエスカレートして大学生の妹と

この体験談は約 5 分で読めます。

近親相姦ってエロゲーとかアニメやエロ漫画の中の事だと思っていたけど、ちょっとした悪ふざけからリアルに妹と結ばれてしまった・・・。

妹は18歳で、まぁ平均的な女子大生。
特別可愛いわけでも美人でもなく普通で、ファッションもギャル系でもなく、量産型のJDのスタイルしている。

妹がゴールデンウィークに、俺の住んでいる街にある大規模テーマパークに友達と遊びに来ていて、妹だけが一人暮らししている俺の部屋へと宿泊した。
妹の友達は俺の住んでいる街に住んでいて、友達の家に泊まらせてもらう選択肢もあったんだけど、久しぶりに兄の俺と会うって事で、俺の部屋に泊まることになった。

妹はテーマパーク行って、一回帰って来てから友達と飯食いに出かけ、俺は昼間にバイトに入っていたので疲れてて先に寝た。
妹が帰ってきたとき、よく覚えていないけど、「もう寝てるのか」と笑われた気がする。
妹は顔を洗った後に俺のベッドに入ってきた。
そして電話をし始めた。
明日の帰る時間などを話していたから、一緒に来ている友達だろう。

ちなみにうちは、今でも普通に同じベッドに寝たりしている。
俺のゲームを借りに来て、そのまま俺のベッドで寝落ちとか、実家にいる時はそんな感じだった。
男女って意識はなくて、俺や妹にも恋人いたときもあったし、妹の彼氏にも会ったことがある。

正直俺自身は妹とエッチ出来るけど、俺がその気でも向こうが違ったりして拒否られた時の事を考えると、凄い怖い。
それに妹と凄くセックスしたいわけでもなく、まぁヤルならヤル?でもエッチしなくてもいいよ?って軽い感じ。

それで話を戻すと、あまりの眠さで機嫌が悪い俺が、「うるせー」とか言ってたら妹は電話を切った。
そのまま寝るのかなと思ってたのだけど、旅行のテンションというか、なかなか眠れないらしく、俺が「着替えてから寝ろ」って言うと、「めんどくさい」とか言って、そのまま何回も寝返りをしてた。

しばらくして、退屈なのか俺にちょっかいをかけてきた。
無視していると俺のを擦ってきた。
さすがに反応して、やめさせようとしたけど、妹は半笑いでしつこく触ってきた。
いい加減、俺もイラッときて、妹の太ももを触り返した。
ストッキング履いたままのようだったし、そのぐらいなら仕返ししても許されるだろうと思っていた。

妹は俺を起こすのに朝立ちしている俺のアソコを足で押したりするようなやつで、全く俺に異性としての興味はないと思うし、当たり前だけど俺も妹の裸見たぐらいでは何とも思わない。
だから大丈夫だろうと。

だが・・というか、そのせいなのか、妹は全然怯まず触り続けてきた。
寝返りして背中を向けても後ろから手を回して触ってくる。
疲れのせいもあったと思いたいのだけど、俺のが反応してしまい、妹に「やばっwお兄ちゃん大きくなってるよw」みたいに言われ、ムカついた俺は、今度はストッキング越しに妹をパンツを触った。
その時、そんなことせずに手を払いのければ良かったと後で思ったけど。

そこからはお互い、「お前に触られたくらいで何も思わないし」みたいな感じで意地になって触ってたと思う。

ただ、パンツの中に先に手を入れたのは俺でした。
お互いちょい無言で触ってて、『早く負け認めろ』って雰囲気だったのだけど、こっちは反応して勃ってるし、どうにか状況を変えたいと思って。

そうしたら予想と全然違って、妹はかなり濡れていた。
ストッキング越しだったので気づかなかったけど、直接パンツの上から触っていたら、湿っているのが分かったと思うくらいに。
手を抜こうかと思ったけど、濡れているのは気づかないふりで触っていたら妹が諦めるというか、気づいてはいけないような気がしてそのまま触ってしまった。
少し生々しい書き方すると、かなりの量でヌルッとしていて熱かった。

その辺りから妹の反応が変わってきた。
正直、『いい加減キモい』とか言われて終わるんじゃないかと期待してたけど、そうじゃなかった。
妹が声を出さないようにしているのがわかった。
息だけが少しずつ荒くなっていて、俺はどのタイミングだった忘れたけど、妹の方に体を向けていた。

目を瞑って苦しそうにも悶える我慢顔の妹。
これが彼女なら女の顔って感じで興奮するけど、妹の我慢顔では罪悪感というか心配というか、そんな気持ちになった。

それでも妹は俺のアソコを触るのをやめなかった。
たぶん無意識というか慣れ的なもので、妹の中に指が入ってしまった。
そのとき初めて妹が顔をこっちに寄せ、小さく声を出した。
そこからはたまに声を出すようになり、俺は妹を女とも思えないけど、してはいけない相手とも思えない、変な気持ちになってきていた。

後は偶然かわざとかわからないけど、妹の手も俺のトランクスの隙間に入ってきて俺のを触った。
その時にはもう“ヤるんだろうな”って気持ちになっていた気がする。

一度触ってしまったら、妹ももう普通に直接触ってきた。
俺はトランクスを脱いだ。
そして妹のストッキングとパンツを脱がした。
お互い完全に触り合いっこ状態で、妹はかなりトロトロになっていた。
妹のシャツを捲り上げ胸を揉み、ブラジャーをずらし、乳首を舐めようとした。
けど、妹におっぱいを隠された。
俺は触るのをやめたら『ここで終わり』って言われそうな気がして、妹の中に入れてる指を動かした。
最初と違ってかなりがっついてたと思う。

すごく感じてるように見えるのに、おっぱいは舐めるの無理。
よくわからない反応だった。

おまんこを触っている指は止めれない。
片手でおっぱいを触っても片方しか触れない。
どうしようかと思って、妹の顔を見た。

ぶっちゃけ、『引っかかったなバーカ、本気なわけないじゃん』くらい普通に言ってきそうな妹でもあるし。

けど、妹は目を瞑ったままだった。
情けないというか、今さらというか、俺はここで初めて妹にキスをした。
思ったよりも普通にキスできた。
吹き出すんじゃないかとも、泣くかもとも思ったけど。

二回目は妹からしてきたように思う。
キスしてからの妹は我慢することなく声をあげていた。
妹からこんな声が出るなんて不思議な気がした。

我慢できなくなって入れようとすると、「待って」と妹に言われれた。

そして、俺のを舐めてくれた。
フェラではなく濡らすだけって感じだった。
妹は十分濡れているのでそんな事しなくてもいいのにと思ったけど。

妹は今までに何人か彼氏がいたから、たぶんそのうちの誰かに『入れる前には舐めろ』と教えられたのかもしれない。
なんか嫉妬してしまった気がする。

なので妹はもちろん処女じゃない。
だから入れてからは普通に出来た。
感度は高め、声は少し大きい、たぶん正常位が好き。
正常位になると声が大きくなるから。
胸もたくさん舐めた、キスは何度もせがまれた。

今までに、普通の単なる女友達と家飲みしててヤッちゃったということはあったけど、全然違った。
頭がじんじんするほど興奮して気持ち良かった。
俺は妹の名前を呼ばなかったけど、妹は最後に、「お兄ちゃん」と呼んだ気がする。

終わったあと、妹のお腹の上に出した精子を拭こうか、それとも抱き締めたりした方がいいのかと考えていたら、妹が無感動に、「気持ちよかった」とポツリと言った。
単なる感想のようだった。
すぐに寝息が聞こえ、俺もそのまま寝てしまった。

次の日、俺がバイト行く時には妹はまだ寝ていて、帰ったらもう帰っていた。
夜、『無事家に着いた』とメールがあった。
他のことには一切触れられていなくて、なんか勘違いだったような気もしたけど、数日後、部屋を掃除していると、ベッドの隅にストッキングとパンツが落ちてた。
洗濯カゴには別のパンツがそのまま入っていた。

そして昨日、妹から『親の命令で週末泊まる』とメールがきた。
もちろん、内容はそれだけだった。

親にバレたらやばい。
妹はどう思っているのか?
情けないけど、どうしようって感じ。

でも妹がまた泊まりに来て、近親相姦することを想像すると、股間は反応して大きくなってしまう。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン