新着情報

オナニーしていた妹に淫語を言わせて

この体験談は約 3 分で読めます。

それは、今から丸2年前の冬の夜の事です。
その1年前に両親を事故で亡くして以来、アパートで妹と一緒に2人で暮らしてました。

その日は会社の新年会でいつもより帰宅が遅くなりました。
部屋に帰ったら、妹がオナニーをしてるところを見てしまった。
間に流れる気まずい空気・・・。
すると急に妹が泣き出した。
怒りだすとばかり思ってたから俺はオロオロしてしまった。

それは妹に密かに女として好意を感じてたから。
妹のその姿を見たら急にいじらしくなり、自分で気付いた時には・・・、もう妹を抱き締めていた。

妹「駄目だよ!!兄貴!あたし達、兄妹だよ」

妹の体が震えていた。
ハッと我に返った俺は着のみ着のままで布団に潜り込んだ。

(俺はどうかしてる)

そう思いながら・・・いつの間にか寝てしまったみたいだ。

ふと目を覚まし足元を見たらビックリする光景が目に飛び込んで来た。
妹が俺のチンポを舐めてるじゃないか!?
しかも俺のチンポは俺より目覚めがいい!

俺「何やってんだ!?」

妹「あたし、兄貴の事が前から好きだったの。優しいしカッコイイだもん!だからねっ」

それを聞いた俺は、妹とセックスする事しか考えられなくなっていた。
妹のお尻をこちらに向けさせ、着ていたパジャマの上からマンコの割れ目を指を滑らせる様に擦り付けた。
妹がたまらず、「はぁん・・・」と声を上げた。
まだ高校生だから反応がいい。
さらに激しく指を擦り付けたら本格的に声を上げ始めた。

たまらなくなった俺はパジャマを脱がせて、妹を全裸にしてディープキス。
キスをしながら手をマンコに伸ばして弄った。
割れ目を人差し指と薬指で開いて、中指でクリを刺激して、穴にも指を差し込んだ。
ズブズブと沈む。
マンコからは、クチャクチャといやしい音がしている。
さらに俺は攻撃の手を強くした。
仰向けに妹を寝かせて足を開かせて、マンコにしゃぶりついた。
口と舌でクリを舐めて吸いながら指で穴の中を掻き回した。

妹「あっ、あっ、ああ・・・」

ますます声が大きくなって来た。

その後、妹の顔の上に跨がり、フェラをする様に言ってチンポを舐めさせた。
ああしろ、こうしろと命じながら。
妹は言われた通りに美味しそうにチンポをナメナメした。
少し歯の当たるフェラを感じながら・・・。

妹「兄貴、これを入れてぇ」

俺のチンポを握りながら言って来たから、「どこにだ?」と聞いた。

妹「えっ!ヤダー!!」

そう、言わなきゃ・・・入れない!
そんな事を何回か繰り返した後、妹が根負けして言った。

妹「早く、兄貴のチンチンをマンコに入れてぇ」

待ってましたぁ。
実は俺も限界だった。
そのまま仰向けに寝かせたままで正常位でついに合体した。
俺のチンポがヌメヌメと入っていった。
そして激しくピストン運動を始めた。

妹「兄貴、当たる、当たってるよー・・・」

さらに腰振りのスピードを上げた。

妹「あたし、イキそう・・・」

それを聞いてラストスパートをかけた。
妹の、「イッちゃう、イッちゃう・・・」の声と同時に2人で果てた。
そのまま中出しだった。

その日以来、今日まで関係は続いている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

天然貧乳白書

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン