新着情報

裸族の姉ちゃんと毎日やってます

この体験談は約 4 分で読めます。

僕が中3の時です。
姉貴は3つ上の高3で、夏休みの昼間は親がいないので、時々彼氏を部屋に連れてきてました。
僕が自分の部屋で受験勉強をしていると、姉貴は部屋で彼氏とエッチしてたことがなんべんもありました。
僕はムラムラして、隣の部屋で姉貴の大きな声を聞きながらオナってしまいます。

ある日、帰ったら姉貴がシャワーを浴びてるとこでした。
ガラスの向こうにぼやっと姉貴の裸が見えるので、僕は我慢できなくなり、チンコを出して触っていました。

姉貴は僕に気付いて、「ケンなん?」と顔を覗かせました。
僕が立ってるのを必死で抑えていると、姉貴は笑って、「久しぶりに一緒に入ろ!見たいんやろ」と誘いました。

僕「彼来ないん?」

姉貴「試合やし来られへんねん」

姉貴は全然隠さないんで、めちゃ大きなオッパイで、あそこも見えてるし、見ただけで出そうな感じでした。
僕がじーと見てたら姉貴は、「姉弟やし隠さんとき!うちやて隠してへんやん。見せてみいや」と言うので、僕は恥ずかしいけど手を外して見せました。

姉貴「お~、結構デカいやん!彼のよりデカいんちゃう!?」

姉貴は僕のチンコを弾いて、「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」と言うので、「姉ちゃんかって胸デカいやん」と言うと、「そやろ。彼氏に揉まれてるしなー。Eカップやで」と笑って自分で胸を持ち上げて揺さぶりました。
僕はたまらんくなって、壁にびゅっびゅっと精子を飛ばしてしまいました。

姉貴は「うわっ」とびっくりして、「すっご~!!触らんでも出るんや」と驚いてました。

僕のチンコはまだ上を向いたままで、姉貴は「ケン、元気やなあ」とチンコを撫でてきたので、僕も姉貴に抱きついて両手で胸を揉んでやりました。
ものすごく柔らかくて気持ちよかった。
調子に乗って、右手であそこも触ったらヌルヌルしてました。
夢中で触ったら、「もう、やめて~」と暴れたけど、ちょうど胸に顔が当たったので、乳首を吸ったら、「あぁ~」と言って僕にもたれてきました。

僕は勢いで姉貴の唇を吸いました。
ファーストキスです。
姉貴はびっくりして見るけど、今度は姉貴からベロチュウしてきました。
ディープキスでした。
ベロを絡め合ったり、唾液を交換しました。

チュウしてる間、姉貴のオッパイを揉んだら姉貴は、「もう、ケンのあほー。マジしたくなったやん」と僕のチンコを握って揉んで、「部屋に行こ!」と手を引っ張るので、「うん!」と言って2人でバスタオルでぱぱっと拭いて、お互いに素っ裸のまま姉貴の部屋に行きました。
そしてベッドに倒れてぎゅうぎゅう、上になったり下になったりして思いきり抱き合いました。
姉貴がM字開脚であそこを見せてくれて、「こーなってんね、舐めてもいいよ」と言うので思い切り舐めると、「あー、感じる」と姉貴は大きな声を出してました。

もう我慢できずにゴムを着けてあそこを入れて激しくエッチしました。
姉貴はめちゃ感じてるし、僕も何回しても足りなくて、その日だけでなんべんも姉貴の中に入り、腰を打ちつけ射精しました。

それから生理のとき以外は、姉貴とほとんど毎日やってます。
僕が切ない顔で「姉ちゃん」と甘えた声で言うと、「したいの?」と聞いてくれるので、僕が「したい!」と言います。
姉貴は「どうしようかな?」と意地悪く言うので、僕が素っ裸になり、立っているモノを見せると、「仕方ないわね」と言って、姉貴も服を脱いで素っ裸になり、ディープキスしてきます。
そしてゴムを着けて、体位を変えたりして2度3度とやります。

最近では姉貴から「しよっか?」と誘ってくることもあります。
僕は「うん!」と言って素っ裸になります。
姉貴も生理前に彼氏とできない時はセックスしたくてたまらないそうです。

彼氏とした時も、彼氏が帰った後、「見せつけてごめんなー」と笑って、素っ裸のまま僕の手を引いて、「しよ」と言って僕ともやってくれます。
姉貴は「彼氏より相性がいいかも」なんて言ってくれるし、「今日はバックでお願い」とか「今日はおねちゃんが上になってやりたい」なんて甘えた声で言います。
姉貴が言うには僕が何度でもできるのが良いそうで、彼氏は1回すると満足して帰ってしまうそうです。
淡白と言うのかな?

最近では2度3度と射精するうちに長持ちするようになり、テクニックも向上したので、姉貴は僕と毎日やるのが日課になってます。
オナニーは全くしてないです。
というかチンポに精子が全く溜まらない。
いつも空っぽになるまでやります。
家の中にセフレというか、いつでも入れられるマンコがあるので最高です。

今年の夏休みは共働きの両親が家にいなかったので、ほとんど毎日ずっと家で姉貴と服を着ないでセックスばかりしていました。
姉貴は裸族というかスッポンポンが好きで、家の中で全裸です。
僕に毎日揉まれてさらに大きくなったFカップのおっぱいをたぷたぷゆさゆさしてます。
僕も対抗して裸族になると、あそこが勃起しちゃいます。

ある日、僕が全裸の時に、「姉貴は僕に彼女ができるまでの代用品さ」と言うと、姉貴が「もうそんなこと言うなら、やらせてあげない」と素っ裸のまま言いました。
僕が「ごめん。でも姉貴のそばにいるだけでこんなになるんだよ」と言い、勃起したモノを見せつけました。
姉貴は、「毎日2回以上射精しているのにすごいね」と言って、そのまま姉貴が上になって、騎乗位でアンアン言います。
そこで1度発射すると、2回目はバックで思いきり姉貴を攻めます。

そんな毎日がいまだに続いています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟専

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン