新着情報

彼女の手帳に残された生々しい浮気日記

この体験談は約 4 分で読めます。

昨日から同棲してる彼女が実家帰ってて、手帳忘れて行ってたし、なんとなく見たら浮気しまくってる・・・。
なんかこんなん日記に書くなよ、って感じ・・・。
生々しすぎるし・・・。

彼女の手帳(の中の日記)見て、興奮してる自分も情けないんだけど。
最初は信じられなくて、血の気が引いて手が震えて胸が苦しくなった。
その次にはもっと酷いことしてないかと、期待しながら部屋漁ってたよ。

日記の一部書くとこんなの。

◯月◯日
--------------
店長に飲みに誘われたー。
嬉しいけど、絶対エッチすることになる気がする・・・。
本気で好きになってしまったらダメだし、頑張って酔っ払わないようにする!
ヒロ(俺・仮名)は私のことすごい大切にしてくれるし裏切ることなんてできない。
--------------

◯月◯日
--------------
結局店長と、エッチしてしまった・・・。
酔っ払わないように気つけてたのに気づいたらホテル、みたいな・・・。
最悪だわ・・・しかもやりすぎて腰痛い・・・こんなんでヒロに会えないよ。
でも過ぎたことはもう忘れて、明日のヒロとのデートを楽しもう!
--------------

◯月◯日
--------------
また店長と飲みに行くことになった・・・。
「ちょっとだけだし付き合ってくれよ」って何回も言われて断れないし。
・・・またエッチしてしまう気がする。
--------------

◯月◯日
--------------
結局、店長とお泊まり。
すごい罪悪感だけど、好きなのはヒロだし・・・。
それにしても店長のエッチはスゴい・・・おっきすぎて入んない、とか思ったし。
ホントにヒロの倍ぐらい太い気がする・・・正直、ハマりそうで怖い・・・。
--------------

◯月◯日
--------------
初めて店長の家に行った。
ごはんも食べずに3回もエッチしてしまった・・・。
すっごい気持ちよくて、初めてお漏らししてしまった。
ひょっとして相性いい!?
エッチはヒロよりいいかも、って思う。
ちょっと罪悪感・・・。
--------------

なんだか興奮と絶望が交互にやってくる感じ。
旅行というか、たぶん会ってるんじゃないかと思う。
この店長ってのは、彼女が実家にいた頃のバイト先の店長のことなので・・・。
何もかもがイヤになってしまうみたいな気分なんだけど、だんだん現実感がなくなってきて、エロ小説読んでるみたいな気分。

これとかエグイ。

◯月◯日
--------------
初めて勤務時間中にフェラした!!!
「倉庫行ってきて」って言われて行ったら店長がきて、「頼む抜いてくれ」みたいな。
すっごい出たし・・・二日前にやったばっかりなのに!!
たぶん店長ってスゴイ。
精子真っ白で、ネバネバしてる。
ヒロのはさらさらやし水っぽいし薄そう。
--------------

なんか書いてるとマジ興奮してくる。
他にも何人かから誘われて実際に遊びに行ってるっぽい。
彼女はすごい美人、ってわけではないけどいわゆる男好きする顔。
胸が大きくて、いかにも遊んでる男に目つけられそう。
服も胸元開いてたりミニスカートだったり。
自分でも「男にヤリたいって思わせられるような女になりたい」って言ってる。
ただ、「ほんとにはやらせないけど」って。
本当にヤラせてるし・・・。

手帳見てしまった後、しばらくは知らないふりをして過ごしました。
こっちも勝手に人の手帳を見たという後ろめたさがあって問い詰められなかったです。
ただ、ちょくちょく手帳をチェックし続けました。
それだけでガマンできなくて、彼女が寝てる間に携帯をチェックしたりもしました。
そうするとやっぱり(地元を離れて)同棲し始めてからも他の男と遊びに行って、(恐らく)セックスもしてるであろうと感じさせるメールがありました。

しかも一人ではなかったです。
メールの内容ははっきりと覚えていませんが、男が『あんなことして悪かったかもしれないけど、◯◯(彼女)がエロ可愛いからー』みたいな軽いノリで、彼女の方もそれに対して『うち酔ったら、完璧エロ系になるから?』みたいな内容。
そういう感じのやりとりが少なくとも二人の男とありました。
はっきりとはわからないけれど、たぶんセックスしたっぽかった。

そんなこんなで彼女とも少しぎこちなくなっていて、そんなある日彼女が「今日は◯◯ちゃん(バイト先の女の子)のところに泊まるから」と言った日にバイト先で待ち伏せして後をつけました。

すると案の定男と待ち合わせして、バーみたいなところに入っていきました。
男は確かにイケメンだけれど見るからに遊び人という感じ。
背が高くて茶髪で。
バーの中までは入れないので近くで出てくるのを待ちました。
待ってる間に何度か電話したけど当然出てくれなかった。

そのあと結構長い間飲んでいて、出てきた彼女は完全に酔っ払って大声で笑いながら男と腕組んで、そのままタクシーに乗ってどこかへ。
私は仕方ないので家に帰りました。
そのあとも何度か電話したけれど結局出ず。

彼女は次の日の昼過ぎに帰ってきました。
ちょうどラブホをチェックアウトして、という時間ぐらい。
他の男とセックスしたんだ、と想像するとすごく興奮して、あと彼女の体に痕跡が残されているか確かめたい、と思って強引に迫りました。

案の定彼女は「寝不足で疲れてるから」と言って拒否。
それでも無理に迫ると諦めて服を脱ぎました。
そして彼女のその部分を見るとやっぱり、今朝もセックスしたなという感じに濡れて、少し開いてる感じ。
さすがにガマンできずに前戯をやめて、「どこで何をしていたの?」と問い詰めました。

最初はしらを切っていましたが、「男と飲みに行くのを見た」と言うと諦めて、その後逆切れ。
結局別れました。

今思うと、あれだけ男好きで、かつ男にも目をつけられそうな彼女が、なぜ私と付き合っていたのか不思議です。

とりあえず報告でした。
長々とすみません。

書いててまた興奮した自分が情けないです・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳乳メトロポリス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン