新着情報

デカチンの童貞とエロナース

この体験談は約 10 分で読めます。

大学一年の頃、ボロボロの学生寮の隣の部屋にTという奴がいた。
四国の山奥から出てきた、身長185センチ、体重85キロ、村の相撲大会で無敵を誇った男だったが、中学から一番近くの町にある全寮制の男子校に放り込まれ、親族以外の女性と話すと顔が真っ赤になってしまうような、純情で可愛い奴でもあった。

そんなTがある日、BMWに吹っ飛ばされて右手と右足骨折の大怪我をした。
運転していたのはお金持ちのおばさんで、後で状況を聞いたら『Tじゃなきゃ死んでたんじゃね?』という感じで、おばさんはもう半泣き。
連絡を受けて上京してきたTの両親に、おばさんは一緒に乗ってたご主人と2人で、もう土下座して必死で謝っていた。

「こいつは末っ子だし、男ももうぎょうさんおるし、死なんかったら別に・・・」と両親とも全く気にしてない様子なのにはさすがに俺もビビったけど。

こちらでのホテル代も食事代も全て持ちますので、という金持ち夫婦の申し出も、「ヤギとニワトリの世話がある」という理由で早々にTの両親は四国に帰ってしまった。

一回目の手術後、病院に見舞いに行くと、大部屋にTの姿がない。
ナースセンターで、「すみませんTの部屋は?」と聞くと、そこに居た数人の看護士さんが一斉に振り返り、「お友達?」と何やらニヤニヤしながら、「個室に移ったわよ」と教えてくれた。
俺は看護士さんのニヤニヤの原因を想像して、少し興奮した。

(もしかして・・・やっぱり・・・)

俺はTと初めて銭湯に一緒に行った時の衝撃を思い出した。
あれがデカいのだ。
それも尋常じゃなくデカい。
もちろん平和な状態でしか見たことがないのだが、ズル剥けのカリデカ。
未使用のくせに妙に黒光り、というお宝だった。
絶対看護士さんの間で、それが話題になっているに違いないと俺は確信した。

個室に行くと、看護士さんとTがしゃべっていた。
お邪魔かなと一瞬躊躇したが、Tが嬉しそうに「おおい、K君!」と言ったので部屋に入った。
年増の色っぽい看護士さんは、バイバーイとTに手を振って出て行った。

俺「お前モテモテじゃん」

T「そんなことないよ。冷蔵庫にポカリあるから飲んでね」

相変わらずいい奴だ。

「凄い豪華な部屋だな」と俺が言うと、「すごい高いんだけど、車のおばさんが、『お願いだからこのくらいはさせてください』って言うんで・・・」とTは言った。

学校の話や最近の寮内での話などを一通りして、俺は一番気になることを聞いた。

俺「お前、トイレとか風呂とかどうしてるの?それじゃやりにくいだろ?」

Tは、「そうなんだよ、それが困ってて」とせんべいを食いながら話し始めた。
完全介護なので、トイレも風呂も看護士さんが手伝ってくれるらしいが、血気盛んな年頃のTはその度に巨根がマックス状態になってしまい、非常に恥ずかしい思いをしているらしい。
俺は恥を忍んで、「やっぱり、抜いてもらったりしてくれない?」と聞くと、Tは真っ赤になって手を振り、「アホか、そんなのあるわけない」と怒った。

俺「でもお前超でかいじゃん。頼んでみたら案外喜んで・・・(ニヤリ)」

T「アホなこと言うな、ここの看護婦さんはむちゃくちゃ親切やぞ。そんな申し訳ないこと言えるか」

「田舎者はこれだから」と俺は笑ったが、すべてエロに変換する自分を少し恥ずかしくも思った。

二ヶ月でTは出てきたが、ある夜酒を持って、「相談がある」と妙に深刻な顔をして俺の部屋にやって来た。
入院中、聞かれるままに教えた携帯に、『退院のお祝いしよ(はあと)』みたいなメールが看護士さんから来ていると言う。
それも何件も何人から。

俺「自慢か?」

T「違うよ、俺、女とメールとかしたことないし、ご飯食べに行っても話できんし・・・」

心の底から困惑しているTを見て、(チンポがデカいのがそんなに)と理不尽な怒りを感じた。
まあTは結構男らしい、格好いいと言ってもいい顔でもあったけどね。

俺「お前、ナースだぞ、エロいに決まってるだろ(偏見)」

T「そんな、AVじゃないし」

俺は自分のことのように熱く語り、とりあえず誰かに会うべしと熱弁を振るった。

俺「お前童貞だろ(俺もだよ・・)、やりたくね?」

T「そりゃ」

俺「じゃあ会え!すぐ返事しろ!」

Tは「ううん・・・」と渋っていたが、とりあえずメールの返事をすると言って部屋に戻った。

ある日、Tはついに看護士さんの1人に会うことになった。
27歳で、いとこのエミちゃん(俺の中では小野真弓)に少し似ているらしい。
昼前に出て行ったTを見送ると、Tとエミちゃん似とのセックスを想像しながらAVを見て1人で抜きまくった。
するとTから電話が掛かってきた。

T「今から寮戻るし」

俺「はあ?」

T「いや、やっぱり2人じゃ話もたねーよ。K君とだったら盛り上がるし」

俺「バカヤロウ」

俺はそう言ったが、もう近くまで来ているらしい。
俺は尊敬する孔明の教えを必死で思い出し、Tの部屋のドアに『用事ができた。朝まで帰らん』と張り紙をすると、田舎者の癖で開けっ放しのTの部屋に入り、わざとAVを机に置き、安いパイプベッドの下に潜り込み、2人の帰りを待った。
あまりに埃っぽいので一回出てタオルを巻いていると、階段の音と、女の人の声が聞こえてきた。

「あれ・・・おかしーな・・・」と困ったTの声が聞こえ、2人が部屋に入ってきた。

黒のストッキングの小さな脚とTのでっかい足しか俺からは見えない。

ナース「お友達いない?っていうか、今、誰もいない?」

T「元々空いてる部屋ばっかりなんです、ボロボロだし風呂もないし」

Tの声が聞こえる。

ナース「鍵閉めないの?」

T「え?あ?大丈夫ですよ」

「でも・・・」と女の人は立ち上がり鍵を閉めて、「なんか落ち着かないじゃん」とハートマークが見えてきそうな声でしゃべった。
この声は小野真弓じゃなくて若槻千夏だな、と勝手に判断した。
もちろん顔なんて全く見えないんだが。

「あーー」と女の声がした。

はまりよったな、と俺は自分の軍師の才能が恐ろしくなった。

ナース「エッチなビデオだー」

T「え?あれ?なんで?」

戸惑うTの声。
すまん親友。

ナース「若いもんねー。入院してた時もさ、トイレの時とか、ね?」

T「いえ、あれは、その、すみません・・・」

俺の未来日記(古い)通りのセリフを続ける二人。

ナース「△△さんとか、◯◯ちゃんとか、××とかからもメール来てたでしょ?」

T「ええまあ・・・、皆さん親切で嬉しかったです」

奥深くベッドの下に潜む俺からは、崩した脚の黒いストッキングとTの太いジーパンが見える。
何やら距離が縮まっているようだ。

ナース「なんで私にメールくれたの?」

T「それはその・・・」

ナース「もしかして、一番ヤレると思った?」

事態は俺のシナリオよりも早く進んでいるようで、口篭もるTに女の人は抱きついてキスをした模様だ。
そのまま倒れこむ二人の姿が俺の目にも確認できた。
残念ながら首から上は俺の視界に入らない。
男の本能なのかTは身体を上にして、ピンクのキャミソールの女の人の身体を弄り始めた。
ひらひらしたスカートが捲れ上がり、黒のストッキングの太ももがバッチリ見える。

T「俺、その・・・、初めてで」

(そこで告白するか!)

経験豊富そうな女の人は、「大丈夫だよ・・・」と夢のようなセリフを言うと、「責任重大だね」などとほざき、Tをベッドに座らせた。
俺の視界には、女の人の両膝と、開いたTのふくらはぎが見えた。

(こ、この体勢は、全童貞男子の夢、おフェラチオではないのか!)

事態は俺の予想通りの展開を見せた。
Tのジーパンが下ろされ、逞しいふくらはぎと足元のジーパンが見え、細い女の人の腕と白い手のひらと一緒に、黒いトランクスも俺の目に入った。

「もう、凄すぎる・・・」と言って、「くすくす笑ってごめん、誉めてるんだよ」と言い、言葉が途切れた。

T「ひょわあ・・・」

(なんちゅう声出すんだTよ・・・)

ナース「じゅぶ・・・うつつ・・・」

なんとも表現しようのない音が聞こえる。

(フェラだ!!!尺八だ!!ナースがフェラチオ!!)

俺は見えない部分を必死で想像したが、音だけで十分に興奮MAXになった。
俺はベッドと床の狭い隙間で息を凝らし、じりじりと現場、つまり俺から見える黒のストッキングに包まれた女の人の両膝と、Tの逞しいふくらはぎが4本並んでいる場所に、少しでも近づき、全ての音を聞き取ろうと奮闘努力した。
俺の心の目には、若槻千夏似(想像)のナースが口を大きく開いて、Tの巨根を頬張っている姿がしっかり見えていた。

ナース「ん・・・ぷ・・・」

たまらなくいやらしい音が聞こえ、ピンクのキャミソールが揺れる。

T「はう、ひ、ひょ」

だからなんだその擬音は・・・。
よっぽど気持ち良いのか?
いいんだろうなあ。

「ぷはっ」とわかりやすい口から離す音が聞こえ、『もうデカすぎ~』みたいな感じで女の人が笑った。

ナース「両手で握っても全然足りないんですけどー、っていうか私の手首より太いじゃんwww」

T「す・・・すみません」

ナース「謝んないでいいよー。でも、病院の時よりかなり大きくなってない?っていうか超硬いし、まだでっかくなってるんですけどwww」

T「すみません・・・」

ナース「ごめんごめん、あれかな、下から見上げてるからもっと大きく見えるのかな?」

そう言った後、「カーテン閉めて欲しいな」と言いながら立ち上がると、女の人は自分からベッドに乗った。

T「は、はい・・・」

Tもベッドに乗った瞬間、元々ギリギリだったベッドの底と俺の左耳がぶつかり、危うく声を出しそうになった。

(安物のベッド買ってんじゃねーよ、デカイくせに)と俺は心の中で毒づいた。

ナース「電気も・・・」

T「は、はい!」

Tはそう返事をして一旦ベッドから下り、スイッチを切った。
俺からは風呂場で見飽きたTの引き締まったケツと、痛々しい手術の跡が見える。
Tがまたベッドに乗った。
俺の顔に埃が落ちてきた。

ナース「脚はもう痛くない?」

なんてナースっぽい優しい台詞だ。
しゅるしゅる音がして、キャミソール、Tのシャツ、スカート、ストッキング、ブラジャー、パンツの順番に床に落ちてきて、俺の視界に入った。
つまりあれだ、今数センチの物体を挟んで、19歳のマッチョな男と27歳の若槻千夏似(あくまで妄想)のナースが真っ裸で絡まりあっているわけだ。

「腹筋すごいねー」やら「結構大きいでしょ胸、入院してた時は興味なさそうだったよねー」やらの馬鹿げた会話と、時折キスをするような音が底を通して聞こえてくる。

「あれ、少し・・・」とナースは言うと、「緊張してる?笑ってごめんね」と言った。

Tは、「いえ、おかしいな・・・」と言っている。

(どうした!頑張れ!頑張るんだー!)

「そのまま・・・」とナースは言うと、さっき聞こえてきた、“んぷ、じゅぷ・・・”みたいなメロディがまた流れてきた。

どういう体勢なのかわからないが、またフェラチオか、羨ましい・・・。
(あくまで妄想)

T「あああ、ん」

Tの情けない声。

ナース「なんか大きくしすぎたかも、これ、無理かも?」

(今さら何を言ってるんですか、このお姉さんは・・・)と俺は突っ込んだ。

ナース「ゴム、持ってないでしょ?」

T「いえ、持ってます」

ナース「え?持ってるの?」

ナースは意外そうに言った。
(俺がネットで調べた店で買いに行ったんですよ、外人用のサイズを!)

ナース「初めてって言ってなかった?」

Tはなぜかすまなそうに、「初めてですけど買いました」と返事をした。
ナースは少し笑って、「でも、ゴム付けられたら擦れるからホントに無理」と言い、「後で説明するけど、大丈夫だからそのまましよ」と嬉しいことを言った。
Tの体重がかかり、俺はガシガシ耳に当たるベッドの底の痛みに耐えていた。

「ゆっくり・・・、お願いだからゆっくりね・・・」と少し不安そうなナース。

いよいよ挿入。

ナース「そこ、あ、マジ、ストップストップ」

ナースの声が少し裏返った。

T「すみません」

ナース「ううん、ごめん、緊張しないで、そのま・・・ま、・・・あ」

苦しそうだぞ?
そんなにデカイのか?

「だ、ダイジョウブですか?」とTの間抜けな声。

ナース「ゆっくり、大丈夫、あ、あ・・・、い、ん」

看護士さん、エロいっす。

ナース「え?まだ?あ・・・ひ」

雄の本能でTは動き始めた。

「おねがい、ゆっくり・・・」と半分泣き声のナース。

言われた通りにゆっくりのペースで俺の耳に底を当てるT。
ちょうどパイプの継ぎ目のネジが頬に直撃しだした。
恐らくTが一番深く突いた時にナースは、「ん、きゃ、は」といった声をあげる。
俺はメトロノームのように正確にゆっくりとしたペースで腰を打ちつけるリズム感のよさに感心した。
しかしそれも束の間、Tは我慢がきかなくなったらしく、段々スピードが上がってきた。

ナース「だめ、だめだめ、あ、あ、お腹に、刺さる、壊れる・・・、だめ、らめ、あ、ん」

俺はそのエロい声でTより早く自分でイッてしまった。
ジーパンが濡れて気持ち悪い・・・。
俺の頬と耳にガシガシ底が当たり、非常に痛い。

「ん・・・」というTの呻き声が聞こえ、動きが止まった。

この短時間で、Tはすっかり27歳ナースの心を奪うことに成功したらしい。

「今度いつ会う?」とか「他の子には絶対連絡しちゃ駄目だよ」などのチャラい台詞が聞こえてくる。

「はい」とか「うん」とか言う相変わらずのT。

「これ、ずっと元気なままなんですけどー」とナースが笑うと、Tが「バック、でしてもいいですか・・・」とおったまげたことを言い始めた。

えらく成り上がったものだなあ、Tよ・・・。

当然のように二回戦が始まった。

「あ・・・」とくぐもった声をあげた後、ナースはずっと喘いでいる。

俺は声のする位置から、ナースの頭はさっきと逆、つまり俺の脚方向にあることを確信した。
つまりTは、俺の頭の方向から四つん這いのナースを攻めているわけだ。
つまり、このまま顔を出しても、すぐに見つかる可能性は低いと俺は判断した。
音を立てないように、と言っても、ギシギシアンアンやかましいからそれほど神経質にならなくてもと思い直し、俺はそろそろっと底から顔を少しだけ出し、二人を覗いた。

ナースの白い肩が見えた。
白い腰と突き上げた丸いお尻の右半分が見えた。
腰からお尻、横っぱらから肩のラインが現実的で俺は最高に興奮した。
時おり腰を掴むTのデカい手のひらと、手を伸ばしてナースの身体を起こして胸を揉む右手が見えた。

(こいつ本当に童貞だったのか?才能か?)

残念ながらナースの顔は確認できないが、予想以上に白い身体とキレイなお尻と括れた腰と大きな胸は、俺の目に強烈に焼きついた。

一回戦よりなぜか少し早くTは呻き声をあげ、動きを止め、そのまま前のめりでナースとキスをした。
俺は慌てて顔を引っ込めたが、「もう」とか言う甘い声と共にまた底が揺れ始めた。

「あ、あ・・・ん」とナースが喘ぐ。

ちょうど俺の貧相な持ち物(ジーパンもパンツも下ろしてます)に、パイプの継ぎ目がちょうど当たってしまい、Tの激しい動きにあわせて直撃してかなり痛い。
俺は全身の筋肉を動かして位置を変え、大胆にも、もう一度顔を出すことにチャレンジした。
そろそろと顔を出すと、今度は白い太ももが下からTの腰をがっちり挟み込んでいるのが見える。
Tの逞しい肩にナースはしがみついて、二人は夢中でキスをしている。
角度的にアゴと口と鼻しか確認できないが、若槻千夏説はそう間違ってはいないとも思われた。

Tはもう遠慮せずに激しく動いた後、いきなり抜いて、なんとナースの顔にその巨砲を向けた。
こいつも俺と一緒でAVでのトレーニングが長すぎたんだろうなあ・・・。
『AVじゃないのよ!』みたいなリアクションが来るかと思われたが、ナースは笑って下から握っている。
角度が悪くて全容が掴めないが、Tの先は握りこぶしのように見えた。
Tがそのまま顔に発射すると、「私の味だからいやー」と言いながらナースは下から舌を伸ばして後始末。

「次の日は夜勤だから」と飯も食わずに8時頃までやりまくって、二人はやっと部屋を出た。

俺は二人が下におりる音を聞き、ベッドから這い出てパンツとジーンズを洗いにコインランドリーに。
Tはしばらくそのナースと付き合って、悲しいことに日に日に垢抜けていった。
まあ、いい奴なのは変わらなかったが。

しばらくして保険やら何やらでかなり金が入ってきたTは、少しマシなアパートに引っ越していった。
大学では学部も違うので、すっかり会わなくなったが、Tよ、あの時は本当にご馳走様でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

恋愛横町

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン