新着情報

温泉旅行の朝、目覚ましフェラで彼を起こして

この体験談は約 8 分で読めます。

・・・チチチチチチ。

(う、うぅん・・・もう朝?)

伸びをしながら、ぼんやりとした頭の中で呟いてみる。
部屋に差し込む眩しい朝の光と、可愛い小鳥のさえずりが起こしてくれたのかな。
寝起きの気怠い体を持て余して、目を閉じたまましばらくまどろむ。

(ここ・・・どこ・・・だっけ?)

布団もかけずに腕枕でぐっすり寝込んでたみたい。
見慣れぬ畳の部屋、読めない掛け軸のかかった床の間・・・。

そう、そうだった。
つかさ(彼氏)と温泉に来てたんだ。
ここは旅館の一室。
ふたりとも裸のままで、夕べの激しさの後がそこらここらに残っている。
脱ぎ散らかした浴衣や帯に混じって、くしゃくしゃに丸められたティッシュが生々しくて気恥ずかしい。

(久しぶりだったから・・・)

私が夏休みの間、仕事が忙しくてほったらかしだったお詫びにと、つかさが温泉旅行に誘ってくれた。
部屋に小さな露天風呂のある立派な老舗旅館で、残業手当がなかったらこんなとこ泊まれないよって。

夕べはつかさの仕事疲れを癒すはずだった。
ゆっくりと露天風呂に浸かってぐっすり眠ることにしていたのに、月明かりに向かって立っていた私に、いきなり後ろから抱きついてきたりして。
つかさも久しぶりで興奮してたのかな?
硬いモノが入り口をつんつんってノックしてきて、私も待ち焦がれてたから、すぐにしっとりと濡れてくるのがよくわかった。
つかさはうなじに唇を当て、後ろから回した手でおざなりに胸を揉み上げると、そのまま後ろから私の中に・・・。

(夕べのこと思い出してたら・・・もやもやしてきちゃった)

つかさの寝顔をジッと見つめたまま、私の右手は彼の厚い胸をすべり、鍛えられたお腹を通ると豊かな茂みまで辿り着いた。

(あ・・・さすがに萎んだままなんだ・・・)

ふっと、すごくエッチなことを思いついた。

(つかさは寝てても、刺激を与えたら起きちゃうんじゃないかな、この子は・・・)

ひとり悪戯っぽく微笑むと、すーーっと体をつかさの足下へずらし、少し開き気味の両脚の間に猫の様に丸まった。

(昨日はありがと。とってもよかったよ)

うなだれた彼を両手でやんわりと包み込んで、可愛い頭の部分にチュッとキスをする。
そして突然にその部分を口に含んだ。
・・・のるん。

(柔らかくってなんかいつもと違う・・・)

その感触を確かめるように全てを頬張ってみる。
毛足の長いつかさの茂みが私の鼻をくすぐるけど、彼のをお口で愛している証って感じがしてなんだか嬉しい。
お口の中でゆっくりと大きくなっていくのがとっても不思議で、胸がドキドキと切ない。
硬くなってきたおちんちんの根本を右手で掴み、頭を軽く振ってストロークを始めた。
ぬちゅっ・・・ぐちゅっ・・・と、鈍く湿った音が微かに響き始める。

(あん・・・私も感じちゃう・・・)

お口と女の子自身って連動してるのかな?
なぜかつかさに突かれてる感覚が体に甦ってくる。
私の体はもうとろとろにとろけていた。
夢中になってフェラチオをしていると、体はますます敏感になって現実感がなくなっていく。

(こんなにおっきくなってるのに・・・)

疲れ切っているのか、つかさはまだ目を覚まさない。
私は逞しくなったおちんちんから口を離し、その向こうにあるつかさの顔とを交互に見つめる。

(きっと興奮で涙目になってるんだろうな。こんなにエッチな娘になったのは・・・つかさのせいだよ。ちゃんと責任とってね)

ぷるぷるの先っぽからくびれの部分にかけて、小鳥がついばむようにちゅっちゅっと音を立てながら何度もキスをする。
ときどき人差し指と中指で先っぽのお口を開いて、舌先でちょろっと刺激してあげるのが私流のアクセントなんだ。

「うううん・・・」

つかさが少し反応してる。
感じてきたんだね、きっと。
幹を登っていく蔓のように浮き出た血管を、根本から先っぽに向かって、尖らせた舌を這わせる。
左手でしわしわの袋を優しく揉みながら、一本一本丁寧に、優しく、何度も、何度も・・・。
舌を伝って流れた私のよだれでテラテラに光るくらいに何度も。
やがて這い上がっていった舌は、皮が交わっている襟の部分を舌先でちろちろと左右に揺さぶる。

(どう?これでもまだ目を覚まさないの?)

しわしわの袋に柔らかく鈍い刺激を送っていた左手まで、伝っていったよだれで濡れていた。

(これはどう?これなら目を覚ますよね・・・)

ビクビクと脈打ち始めたおちんちんを口一杯に頬張ると、口だけでそれを支えて、両手は彼の腰にそっと置いた。
そして深く呑み込み、喉の奥で先っぽをキュッキュッと締め付ける。

(どう?快感で目が覚めない?どんな気持ち?)

私の頭の中はたくさんの疑問符でいっぱいになる。

(もう・・・これならどう?)

別に目を覚まさなくてもいいのに、なぜかムキになって激しく深いストロークを繰り返す。
上気してピンク色になった頬をすぼめ、舌を絡めて密着度を高め、そしてときどき頭を左右に振ってみる。

・・・じゅくっ、ねちっ、ねちゅっ、ぐちゅっ。

湿った音は次第に大きく部屋に響き渡る。

(ぃやぁん、なんてエッチな音なの?)

私は自分で作り出している音に反応し、女の子自身からじわじわとジュースが溢れ出してくるのを感じた。

(もっと・・・もっと激しく淫らに・・・)

つかさの顔を遠くに見ながら刺激を送り続ける。

ちゅぽん・・・。

口から出すと、ふうっと息を吹きかけクールダウン。

(ああん、私のよだれでこんなに濡れて・・・シーツに染みまで作ってる・・・)

右手で幹をしっかりと掴み、しゅっしゅっと擦り立てる。
でもそこから聞こえてくるのは、にちゅっにちゅっという湿った音・・・。

(はぁ・・・興奮しちゃう・・・)

口の中はどんどん唾が溢れてくるのに、それとは反対に唇は乾いてくる。
ちょっとだけグラビアクイーンの気持ちで、舌舐めずりして唇を濡らした。

「・・・あっ」

つつーっと私の左の内腿にジュースが一筋溢れ出る。

(やだぁ・・・全然触ってないのに・・・)

左手をそっと薄い茂みの奥に持っていく。

「・・・あ、ふぅん」

熱くなってる。
それにもうすっかり濡れていて、クリトリスもぷっくりと充血していた。
そのまま左手は開きかかったあそこを確認する。
指先にとろりとしたジュースがまとわりついた。
気持ちよくて中指で掻き出すように触っていると、つい力が入って、握っていたつかさを強くぎゅっと掴んでしまった。

「ぐっ!お、おい。ゆうこっ。なにやってんだよ」

つかさがとうとう目を覚ました。

「あ、あん・・・やっと起きたのね・・・。ね、ねえ・・・これって持ち主が寝てても起きるんだね・・・あっ、くぅ・・・」

こんな時に目を覚ますなんて。
起こそうとしてしていたことなのに、ひとりでお触りしているとこを見られたことがとっても恥ずかしくて、わざとこんなふうに言ってしまった。
つかさの立派なモノを握ったまま、体をずり上げるようにして彼の顔に近づいていく。

「ゆうこはホントにエッチだなぁ」

そう言いながらつかさは私の髪を撫でてくれた。

「誰がこんなにしたのよー」

ちょっと膨れてみる。
でも私の右手はしっかりとおちんちんをしごきながら、刺激を与え続けている。

「ねえ、自分で触ってたでしょ?ボクを跨いでさ、見せてみなよ」

「えっ、でも・・・」

「今さら恥ずかしがるなんておかしいよ。さぁ」

前に何度か、お互いのひとりエッチを見せ合いながら昇り詰めたことはあったけど、こんな体勢で見られるのは初めてで、恥ずかしいに決まってる。

「う、うん・・・。じゃあ触らないで見ててくれる?」

「ああ、もちろん。でも自分のは触っちゃうかも。なんかもうジンジンきてるし」

つかさの目は好奇心に満ちてキラキラしてた。
少年みたいって言うにはおかしなシチュエーションだけど、でもそんな感じだった。

「・・・じゃあ、跨ぐね」

少し躊躇ったけど、もう現実感はとっくに失っていた。
話の部屋でもなく、つかさの部屋でもなく、旅先であることもそうさせていたのかも知れない。
つかさのいきり立ったモノが見える向きで、ゆっくりと左脚を上げ、顔を跨いだ。

「・・・クリが剥き出てて・・・びらびらもぷっくりしてて。それに・・・こんなにもぐっしょり濡れてる・・・」

「やだ、そんなこと言わないでよぉ」

「さっ、続けて」

「う、うん・・・」

右手の行き先を見ながらそろそろと女の子の部分に持っていく。
薄くて申し訳程度にしかない私の茂み越しにつかさのあごが見えて、普通なら吹き出してしまいそうなアングルだった。
私自身の影が、彼の鍛えられた厚い胸に落ちている。
指先にクリトリスが触れた。
体をびくっと震わせると、人差し指と薬指でお肉を少しだけ開き、中指でその部分をゆっくりと擦りはじめる。

「あンっ」

「朝日にキラキラと輝いてる・・・とっても綺麗だよ」

私はもう何も考えずに、気持ちよさの中にすべてを預けた。
幾度も擦り続けた中指を、入り口に宛うとゆっくりと沈めていく。

「ううっ・・・ぁっ」

くぐもった喘ぎ声とともに、開かれた部分からは白濁したジュースがじわっと溢れ出た。
指の出し入れを速める。
ぐちょぐちょと淫らな音がどこか遠くに、でもしっかりと私を耳から刺激する。
もう止められない。
そこからは次から次へと興奮のジュースが溢れ出し、内腿を伝って流れていく。
いつしか薬指も添え入れられ、二本の指でぬちぬちと熱くなっている中を掻き回していた。
そして親指でこっそりクリを刺激する。
自分でどんな声を出しているかさえ、それすらわからなくなってくる。

「ゆうこ、とってもエロい眺めだよ・・・すごく興奮する・・・」

朝日に照らされた私のあそこは、どんな小さな動きも逃さず、そして隅々までくまなく曝け出してしまっているんだろう。

「ね・・・後ろ手に触ってみなよ」

私はもう、つかさの操り人形だった。
べっとりと濡れた指をそっと引き抜くと、言われるがままにお尻の方から濡れそぼつあそこを手探りする。
少し体が起き上がり、それまで自分を支えていた左手は迷わず自分の胸を大きく揉みしだき、ときどき硬くした乳首を摘んでみる。

「ゆうこ・・・もうガマンできないよ・・・。ボクも自分でするから、目を開けてしっかり見て」

私はいつの間にか閉じていた両目を薄く開き、つかさのおちんちんをそっと見ると、先っぽから感激の涙が幾筋も溢れていた。
私に見せつけるようにゆっくりとした動きで、つかさはしっかりとそれを掴むといきなり激しくしごきはじめる。
どんな音も、私の声も、つかさの声も、汗も、涙も、溢れ出るジュースも、何もかもまったくわからない。

真っ白?
ううん、ピンクの霞がかかって、ただ自分を感じさせるために夢中になっていた。
自分を感じさせることが、彼を感じさせていることに気づきもしないで。

感じすぎてしまって膝がガクガクしていた。
触り続けたかったけど、体が支えきれなくなって体を前に倒して四つん這いになる。
つかさの屹立したおちんちんが、私をじっと睨むように目の前にいた。
おちんちんをぬちゃぬちゃとしごき立てながら、つかさは約束を破って私の股間に顔を埋めた。
わざと音を立てて私から溢れるジュースを啜り、喉を鳴らして飲み続ける。

も、もうだめ・・・なにがどうなって、どこまでが私で、どこからがつかさだかわかんない・・・。

「う、うおっ!ゆうこ・・・咥えてっ」

そう叫んだつかさの言う通りに、両肘を折って体を支えると、破裂しそうなおちんちんをお口に迎え入れる。
私は無意識のまま、でも舌は意志を持ったように先っぽをチロチロと刺激し、幹に絡みつく。
そして・・・。

「うっ・・・おぁっ、で、出るっ」

つかさから吹き出したものを喉の奥で感じた時、私の頭の中のヒューズがパシッと音を立てて飛んだ。
それでも一滴も逃さず、こくっこくっと喉を鳴らし、すべてをすっかりと飲み干した。

どれくらいまどろんだろう?
意識を取り返した私は、つかさに抱っこされて朝の露天風呂に浸かっていた。
幸せだなって、つい笑顔になってしまうと、ふいにつかさと視線が絡んだ。

「おはよ」

そういえば、まだ朝のあいさつもしてなかったね。
返事をする代わりにつかさの肩に頭を預ける。
あれ、温泉より熱い塊が右の太腿につんつん当たっている。

(ふふふ。つかさったら、また元気になってる)

私たちはこの春、結婚します。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即アポスケジュール帳

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン