新着情報

居酒屋で出会った理想の女性

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は30歳、妻は39歳。

妻と出会ったのは俺が飲みに行った居酒屋だった。
そこで働いていた妻を見て、なぜか俺を虜にする何かを感じたのだ。
しかし見るからに俺より年上に見えたし、当然結婚していると思った。

何度か通ううちに次第に話をするようになり、食事に誘うと拍子抜けするほど簡単にOKが出た。
初めての二人きりの夕方からのデート。
彼女はバツイチだった。
それから俺の心のスイッチが入った。

2回目のデートはドライブ。
助手席に座る彼女に俺は色んな話をした。
聞けば歳も9歳年上とのこと。
バツイチだが子供は居なくて、一人賃貸マンションに住んでいるという。

彼女は顔を普通だが胸が大きい。
その日彼女はローライズジーンズを穿いていたが、しゃがむと大きなお尻にぴったりとしてお尻の割れ目がチラチラ見えていた。
もう俺のペニスはピンピンになっていた。

帰り際、思い切ってホテルに誘うと黙って肯いた。
部屋に入るや、俺はがむしゃらに彼女にキスをした。
彼女も俺にしっかりと抱きついて舌を絡ませて来た。
すぐにセックスしたかったけど、我慢してシャワーに誘った。
初めて見る彼女の裸体は思いのほか陰毛が少なく、胸とお尻は十二分のボリュームだった。
すっかり勃起した俺のペニスは腹に引っ付くくらいに怒張していた。

彼女は「若い人ってやはり元気なのね」と言いながら、俺の前にしゃがんで手で握るとパクリと咥えてくれた。

今まで経験したことのない見事なフェラだった。
不覚にも一気に俺は射精してしまった。
彼女はその精液をすべて飲み干してくれた。

ベッドに行くと俺は四つん這いを要求した。
彼女は嫌がることもなくその大きなお尻を突き出してくれた。
お尻の穴越しに、おまんこも陰毛もバッチリ見えた。
一気に挿入してピストンを始めると、これまた信じがたいデカい声で「ああ、いいわ、気持ちいい、もっとチンポ突っ込んで・・・」と卑猥な言葉を繰り返した。
二度目の射精は生のまま彼女の奥深く注ぎ込んだ。

俺は調子に乗って「美樹さんと会えない時、一人で処理する時使うからヌード写真を撮らせて欲しい」と頼んでみた。

彼女はニヤリと笑って「どうぞ」と言ってくれた。
俺は全裸のまま車の中に置いてあったデジカメを急いで取って来て、大股開きのアソコや、四つん這いの大きなお尻を接写で撮影した。
その後も俺は再々彼女のマンションに泊って一晩中全裸で過ごした。

付き合い始めて4ヶ月後に籍を入れた。
彼女は23歳で結婚。
5年間結婚生活を送ったが、子供も出来ず、旦那の浮気が発覚。
離婚に踏み切り28歳でバツイチになり、その後アルバイトを転々としながら一人生活を送っていたそうだ。

彼女が言うには、離婚のショックや寂しさから、その間5人の男性と親しくなったらしい。
その中の一人の男は変態かつ精力抜群で、彼女にとって初めてのアナルセックスをした男だとのこと。
興味はあったが経験したことのないアナルセックス・・・。
俺の心にまたしても違うスイッチが入った。

彼女に「させて欲しい」と言うと、「しばらく前の事だから、すぐには入らないから徐々にして」と。

そして今・・・。
クリームをたっぷり彼女のアナルに塗ってから挿入すると、カリの部分が入ってからはするりと根元まで挿入出来る。

俺は「ゴムを着けるのはいやだ」と言うと、妻は「病気になると困るから」と、その前に2度イチジク浣腸をして便を出した後、シャワーでお尻の穴に十分ぬるま湯のシャワーで注ぎ込み、それから挿入することにしている。
もちろん中に射精している。

未だ子供が居ないこともあって、外出しない休みの日は一日中、二人とも全裸でアダルトビデオを見ながらいちゃついている。
妻がトイレに行く時はドアを閉めないことも二人の約束。
また、二人でドライブする時は妻はブラもパンティーも着けないで、直に白のパンツルックに白やピンクや黒の薄いセーターで出掛けている。
もちろん両方の乳首ははっきりと膨らんでいる。
ほとんどの男性は気が付いていると思うが、それが俺にとってはいい刺激になっている。
パンツも肌にぴったりのものだから、前の割れ目に食い込んでいるし、お尻も食い込んでいる。
なんともセクシーで、夫でありながら思わず勃起することも度々ある。
夏になるとマンションのベランダに二人とも全裸で出てバックから挿入することもある。

二人の会話はできるだけ卑猥な言葉を使うようにしているので、昼間でも妻の方から「これからおめこする?」とか「チンポ舐めてあげようか?」と言ってくる。
俺が泊りの出張がある前日の夜などは2回戦をした後、当日の朝は妻が仰向けになった俺のペニスを手でしごいて射精させて飲んでから出かけることが多い。

そんなセックス三昧の夫婦だけど、時には趣向を凝らして、お互い向かい合ってオナニーを見せ合うこともある。
何度か二人で剃毛したこともあるけど、すぐ生えてくるので最近は面倒になって来た。
ただ夏になると海水浴にいくのでビキニの妻は完全剃毛している。
しかし腋毛は一年中手入れはしないことにしているので、海水浴の時は妻の腋毛を見た男性は無数にいることだろう。

今この投稿を書いている時も、妻は隣で、俺のペニスを握ったり、擦ったりしてくれている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

天然貧乳白書

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン