新着情報

幼稚園のプールでシャワーオナニーしていたセレブ妻

この体験談は約 4 分で読めます。

ピアノ販売の営業をしています。
夏休みに突入して営業成績もイマイチなので、お得意さんの幼稚園へ顔出しし、ボランティアがてらプール当番をお手伝いしていい思いをして参りましたので、早速ご報告致します。

私が担当している幼稚園は市内に5ヶ所なんですが、ここの幼稚園はセレブな親達の園児が通う有名幼稚園です。
なのでプールで園児達と付き添ってくる奥様達はみんなブランド水着を身にまとい、シャネルのサングラスできめてやって来ます。
駐車場からしてヨーロッパの高級車だらけ。
そんな中、奥さん達の水着姿を満喫すべく、視線隠しにサングラスをしてプールサイドで優雅に奥様のボディ鑑賞を楽しんでおりました。
子供達が少し邪魔なものの、30人以上の若妻さんの水着姿を目の前にする機会など滅多にない事です。
私の役目は、ただ20分に一度、笛を鳴らして休憩タイムを知らせるだけです。

その中でも顔見知りの奥さん(恵美さん、28歳、杉本彩似のセクシー系)は豹柄のビキニがとてもソソリます。
私、炎天下のプールサイドに居たものですから多量の汗にまみれてしまい、幼稚園の先生の許可を貰って更衣室までシャワーを浴びに行ったのです。
心地良い冷たいシャワーを浴びてスッキリし、フルチンのままタオルで髪を拭いていたところ、突然、ガタッと誰かがシャワー室に入ってきてビックリ!
パーティションから覗いてみると、な、なんとそこには恵美さんがいました。
奥さんは私に気づかず大胆に豹柄の水着を脱ぎ、シャワーを浴びてウットリしています。

(これはマズいことになったなぁ~)と、彼女が出るまでパーティションのカーテン越しにしばしナイスなボディを鑑賞してやり過ごそうと思いました。

ところがこの奥さん、いきなりシャワーのノズルをオマンコ周辺に当ててウットリしているのです。
まさかと思いましたが、右手にシャワーのノズルを持ち左手でオマンコを集中して触っているようでした。
これはオナニーしてると確信しました。

ここで開き直った私(笑)
フルチンのままシャワー室の入口付近を歩き回り、誰かが入室している気配を奥さんに知らせました。
そっと入口の鍵を閉めてから、「誰かいるんですかぁ~っ?」とわざとらしく叫んだところ、「ハッ、ハイッ、ワタシ◯◯(子供の名前)の母です」と奥さんが慌てて返答してきました。

「あぁ、◯◯さんの奥さんですか、ボクです、剛士です」

そう応対しつつ、更衣室に置いてある奥さんの水着の股間部分の匂いを楽しみます。
さぞかし奥さんは困ったことでしょう。

「奥さん、今シャワーを浴びながらイケナイ事をしていましたね?」

フルチンのまま、奥さんのスペースのカーテンをガバッと開けました。

「キャッ!」と言いながらも奥さん、私の怒り狂って天高くそびえ立つオチンチンを見つめています。

「奥さん、幼稚園のシャワールームでオナニーしていたなんて噂が立ったら大変じゃないですか?注意してくださいよ、ここだけの話にしておきますから」

そう言って私は杉本彩似の奥さんを軽く抱き締めました。
そしてソフトに耳を甘く噛むと「ハァ~ッン」と甘い声を出したので、(これはイケる!)と確信。
立ったまま奥さんの白くて大きなお尻を抱え、後ろからズブッと挿入!
やっぱり奥さんシャワーでオナニーをしていたんですね、もう濡れ濡れでした。
興奮した私、思い切りオチンチンを突き上げ高速ピストンをしたら、奥さんは場所もわきまえずに、「ハァァッ、アァァァッ、すっ、すんごいィィィッ!」と腰を振り乱します。

「奥さん誰にも言わないですから心配しないで感じて下さい」

「すっ、凄いッ、大きい、大きいのぉッ」

奥さんはのた打ち回り、私の首に手をまわして舌をねじ込んできます。
普段からスケベな顔だなぁと感じていた私の予感が当たりました。
セレブな奥様もタダの雌豚じゃあないですか!
しかもこの奥さんのご主人、××競馬の馬主さんっていう話も耳にしました。
奥さんよりも年は25歳も上だそうです。

「アァッ、イッいいわぁ~最高感じるぅ、久しぶりだわぁ、あぁイイッ」

腰をグリグリ押し付けてくる奥さん。
思わず射精感がこみ上げてきたので、ぬるま湯シャワーを全開にして奥さんのクリトリスにビューッと当てました。
すると奥さん、歯を喰いしばり体全体を痙攣させて、「グァッァァァッ、イッ、イクゥゥゥゥッ」と叫んで果てました。
タイルの床にそのまま崩れ落ち、ビクンビクンと体を震わせています。
ここら辺で私もイカせてもらうおうと、そのまま痙攣中の奥さんに挿入。
そして両足を肩に乗せ、奥の奥にドビュピュピュッと大放出!

私はシャワーを浴びてからとっとと帰宅しました。
本当にラッキーな一発でした。

その後、一応ピアノ関係の顧客でもあるので、何か問題にならなければいいと思っていたのですが、それも杞憂に終わりました。
私の自宅にあの奥さんから商品券10万円分が送られてきたからです。
さて、また新しい人妻調教ドラマの始まりです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Sexy call