新着情報

オナクラの素晴らしさを語らせてくれ!

この体験談は約 7 分で読めます。

性癖との兼ね合いやコスパを考えると、オナクラほど素晴らしい風俗はないと思っている。
まず、オナクラとは何か。
文字通りである。
要はデリヘルなどのいわゆるガチな風俗とは違い、あくまでオナニーの延長を女の子と楽しむ風俗店。
基本的にはオナニーを女の子に見てもらうことがオナクラのプレイを指す。

だが、見てもらうだけで満足できるかというと、そう簡単ではない。
(それだけで良いという客も多いと聞くが)
ほとんどのオナクラには、手コキオプション(または手コキコース)が存在する。
つまりは手コキ専門店と言っても過言ではない。
だが、こう思う人も多いだろう。

「それなら、普通のデリヘルやらの風俗で手コキしてもらうのと一緒じゃね?しかもそっちの方が女の子の体も楽しめるし」

断じて違う。

正確には、そうではない性的嗜好の持ち主にとってはそこらの風俗を超えるシステムであるということだ。
と、「とにかく良い!」を並べても仕方ないので、次から具体的なオナクラの良さを挙げていく。
基本としてまず分かって欲しいのは、“オナクラ≒手コキ専門店”ということだ。

1.女の子が可愛い。
これは主観もあるが、経験上(ネットで色々と調べてもそうだが)普通の風俗店よりオナクラの方が可愛い女の子を揃えている。
理由は、プレイがソフトだから。
色々とオプションは店によってあるだろうが、オナクラは手コキから始まり、体を触られたり胸を舐められたりがほぼ限界。
フェラやクンニはオナクラにはあまり存在しない。
だから女の子は気軽にオナクラで働く。
高い給料が欲しいが風俗は嫌だ、だからオナクラ。
前述のように当然見るだけのコースもあるので、そこらの風俗店より嬢評価のビジュアルの占める割合が高い。
見られたり手コキだけで、ブスは生き残れない。
結局淘汰され、可愛い女の子が残る傾向にある。
まあ、あくまで平均的な話で、正直ブスもたまにはいる。

2.女の子が初々しい。
これは1と近いが、つまり風俗の世界に気軽に踏み込んできた女の子が多い。
店にもよるが、基本一緒にシャワー浴びたりもしないので、嬢の事務的な空気が薄い。
よくデリヘルとかだと、仕事のようにシャワーを浴びてプレイをしてくる女の子がいる(女の子にとっては確かに仕事だが)。
そんな女の子はオナクラには少なく、素人っぽさが満載なのである。
そういう界隈を歩いていると見かける、いかにもな風俗嬢とは違い、普通に街ですれ違う可愛い娘がオナクラには多い。
だからこそイチャイチャもしやすい。
一般的な風俗が仕事なら、オナクラはバイトの感覚に違い。
良い意味で女の子のノリが軽いのだ。

3.価格が安い。
これに関しては賛否両論だろう。
相場は、手コキ30分で4~5000円くらいだろうか。

「それならピンサロ行くわ」とか「激安デリヘル店の方が良い」とか、至極もっともである。

金銭感覚はなかなかに個人差がある。
だが、後述するが、オナクラは性病のリスクが低く、2に書いたように素人感満載の普通の女の子と遊べる。
手コキされるのが好きな男性で、風俗に手を出したいけど迷ってる人などにはちょうど良いのではないか。
学生にも利用しやすい料金だろう。
サークルの飲み会と二次会のカラオケを断って、手コキしてもらえば良い。

4.性病のリスクが低い。
風俗と隣り合わせの危険性、それが性病。
特に風俗嬢から生でフェラしてもらったり、マンコを舐めたりすると、性病がうつる可能性は十分にある。
その分、手コキだけのオナクラは安心感が強い。
オプションを多用しても、女の子の性器をおっぴろげにして鑑賞するのが関の山で、触ったり舐めたりはしない。
逆にフェラもない。
(たまにオプションである店もあるが、それこそオナクラでフェラオプションを付けるなら普通の風俗の方が安い)
ただ、オプションでキスしたりするとリスクは存在する。
風俗で遊ぶ以上、リスクゼロはあり得ない。
(本来のオナクラ利用で見てもらうだけならリスクゼロ達成だが)
あくまで確率の問題である。

5.女の子が私服。
地味に大きい利点なのが、これ。
普通の風俗(仮にデリヘル)だと、シャワーに入ってそのままお互いに全裸でプレイだろうが、オナクラの女の子は脱がない。
オプションを付けて下着を見せてもらうくらいで、あくまで女の子は私服。
それして俺は全裸である。
デリヘルなどでコスプレを注文しても良いが、それとは違う良さがある。

つまりは何度も書くが、女の子が“普通”なのだ。
風俗という仕事をする女の子ではなく、その辺を歩いている可愛い女の子がそのまま遊びに来てくれる感覚に陥る。
これは言葉では説明しにくいが、意外と病みつきになるのだ。

私服の女の子と全裸の俺。
このインモラル感は堪らない。

余談だが、皆さんは『CFNM』という単語を知っているだろうか。
ウィキからそのまま持ってくるが、CFNMとは、『クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル』の略で、要は服を着た女の子と全裸の俺って構図が興奮するよね、って話。
これを巧みに利用しているのがオナクラである。
以前デリヘルで可愛い女の子が当たった時、興奮してシャワー浴びてプレイしたらあんまり興奮しなかったことがある。
後々考えると、ホテルで女の子を迎えた時の女の子のファッションに興奮したのだろうという結論に達した。

オナクラでは女の子が私服のままプレイなので、ニーハイの娘はニーハイのまま、ワンピースの娘はワンピースのままなのだ。
この良さが伝わるでしょうか。

6.オプションを選ぶ楽しさ。
風俗にオプションは付き物。
だが、基本プレイが見るだけ、または手コキだけのオナクラにとって、オプション選びは大切なプロセス。

「オナクラのオプションなんて普通の風俗でやれば全部基本コースに入ってるじゃねーかw」

そうお思いの方もいるでしょう。
だが、それが良いんです。
限られたプレイの中で自分好みの組み合わせを作って、あえて“そのサービスしか受けられない”という楽しさを味わうのがオナクラなのです。
あれこれしてもらう楽しさより、好きな性癖に応じたオプションのみを時間いっぱいしてもらうことが、オナクラの醍醐味なのです。

手コキと同時に、キスオプションや乳首舐められオプションを付ける人が多いでしょう。
数十分、ひたすら手コキをしながら乳首を舐めてくれる女の子。
あれこれなプレイをするより、逆にエロく感じてきませんか?
もどかしさも興奮材料なんです。

7.責めなくて良い。
これも賛否両論でしょうが、つまりはオナクラは基本的にM男向けの風俗システムです。
俺も生粋のMなんですが、風俗で女の子を責めたりするのは正直面倒だと思っています。
なぜお金を払ってまで女の子を気持ちよくさせるのか?
それ自体に興奮を感じる方が沢山いらっしゃるのでしょうが、俺は“奉仕してもらう”方が格段に好きです。
つまりは、そういう性癖の持ち主に向いているのがオナクラなのです。

「普通の風俗でお願いして、ひたすら責めてもらえば良い?」

違います。

そもそものお店の大前提コンセプトが『奉仕』なのが重要なのです。
この違い、わかりますでしょうか。
AVで、女の子主導の前戯シーンや全身リップ、乳首舐め、フェラなどを見るのが好きな人は多いと思います。
私もそのシーンの方が本番のそれより好きです。
そういう人にはオナクラをお勧めします。

8.複数の女の子と遊びやすい。
前述のとおり安いので、女の子を沢山呼べます。
お勧めは、見るだけコースで思い切って3人くらい呼んじゃうことです。
想像してみてください。
街ですれ違うような可愛い女の子と、個室に4人。
彼女達はみんな私服、自分だけが全裸です。
色んなポーズでオナニーをします。
立ちながら取り巻いてもらったり、ベッドに横になりながら囲うように座ってもらったり・・・。
チンコをじっくり観察してもらって感想を求めたり、アナルを見てもらっても良いでしょう。
お願いしたら、みんなで揃って罵倒してくれるかもしれません。
可愛い女の子達の顔や体をただ眺めるだけのもどかしさも手伝い、あなたは射精に辿り着くのです。

つまり総合すると、以下のような人がオナクラに向いています。
・責めるより責められたい人。
・性病が怖い人。
・手コキされるのが好きな人。
・可愛い女の子と風俗で遊びたい人。
・女の子の私服が好きな人。

次に、オナクラのシステムについてです。
基本的には2種類。

『派遣型』と『店舗型』です。

中身は普通の風俗店となんら変わりありません。
派遣型は自宅かホテルに入り、女の子をデリバリーしてもらうシステム。
一緒にシャワーを浴びたりはしないので、出迎えてそのままの雰囲気でプレイ開始。
人にもよるが、俺は終わった後に1人でシャワーを浴びます。

店舗型は、文字通り店に行きます。
そこで女の子を選んで個室に入るか、またはそこから別建のレンタルルームに出向くパターンもあります。
これは女の子の家に遊びに行く感覚に近いかもしれません。
俺は他の客と会うのがあまり好きではないので、もっぱら派遣型ばかり利用してます。
(ホテル代はかかりますが)

続いて料金です。
店によって異なりますが、手コキ3~40分で4~5000円が俺の感覚の相場です。
オプションのキスやお触り、乳首舐め(男が舐められる)などは、それぞれ1~2000円くらい。
派遣型の場合は、別途ホテル代がかかります。
多くのオナクラがコースを設定してます。
例えば、乳首舐めオプション込みの40分で5500円・・・といった形です。
これらのコースを基本に、自分好みのオプションを貼り付けていくのが良いでしょう。

これを高いと思うか安いと思うかはそれぞれですが、普通の風俗に慣れている方には割高に感じるでしょう。
しかし、前述の性癖に上手く合致する人にとっては格安なのです。

では、そのようなオナクラ店をどうやって探せば良いのか。
普通の風俗店に比べて少々マイナーなオナクラは、少しだけ探しにくいですが、コツが分かれば簡単です。
普通にGoogleで『オナクラ ◯◯(地名)』でもヒットしますし、オナクラや手コキ専門店のみをまとめた情報サイトも多数あります。
また女の子向けの求人サイトなどで、『見るだけ!ノータッチで簡単!』などと謳っているのは大概オナクラなので、その店名で再度検索してみると良いでしょう。
ネットじゃなくても、女の子向けの夜の求人情報誌も大切な情報源です。
ちなみに、某巨大掲示板にもオナクラのスレは沢山あります。
オナクラは意外と存在します。
本当に“意外と”です。

通い慣れてる私でさえ、ふとした事から自宅近くの未開拓オナクラ店を見つけることが未だにあります。
風俗店は探せば沢山あります。
でもオナクラ店は少ないです。
この少ない店を探す楽しみもなかなかです。

そんな今日も、俺はオナクラ帰りです。
今日は40分間、ひたすらディープキスしながら手コキしてもらいました。
女の子は、長身モデル体型の黒髪ロング、目鼻立ちのハッキリした小顔の美人さんでした。

「細いね~」などと言いつつ、くびれや脚を触ってました。

キスしすぎて、口がまだちょっとヒリヒリしてます。
女の子がチンコの方向を間違えてしまい、精液が少しだけ女の子の服に付いてしまったので、クリーニング代もあげてきました。
それくらい、いい子でした。
また指名したいです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!