新着情報

新幹線のトイレでサラリーマンがガチオナニーしてた

この体験談は約 5 分で読めます。

新幹線に乗った時の話です。
私はトイレに行こうとしたんです。
それで洋式トイレに入ろうと思ってドア開けたら、何と34歳ぐらいのサラリーマンの男性が目を閉じて本気でオナニーしてたの。
ドアが開いてもまったく気づかずにオナニーに夢中w

どうやら鍵を掛け忘れてたみたいで、これはちょっといけないものを見てしまったと、見なかったフリしてカーテンの付いた洗面台に隠れました。
で、カーテンの隙間から見てたんですけど、新幹線のドアって手動じゃなくて電動で開くからとっても静音w
電車の騒音もそれなりにあるせいか、その男の人、気づかないでずっとシコシコやってました。
しかもあのドアって、『閉』を押さないといつまでも閉まらないんだw
もう扉全開でオナニーに耽ってる姿が丸見えです。
こっちが恥ずかしくなっちゃいました。

新幹線のトイレって車両の連結部分(?)みたいな所にあるので、何人か人は通ったんですが、その男の人は全然気づかないんです。
でもチラチラ見てるうちに、男の人の勃起したペニスを動かす手がどんどん速くなってきて、こっちも興奮してしまいました。

自分でも大胆な事しちゃったなと思うんですが、私、通路に人が居なくなったのを確認して洋式トイレの個室に入り込みました。
私が入ったところでその人はやっと気づいたらしく、物凄く驚いた顔で立ち上がってズボンをずり上げようとしてました。
私は個室に入って扉を閉めてから、わざとらしく人が入っていたことに気づいたフリをしました。

男の人「あぁ!」

私「やだー!こんなとこで!信じられない!!何してるんですか!」

男の人「あの・・・ごめんなさい・・・」

私「今オナニーしてたでしょ」

男の人「あのすみません!出ますから!」

でも扉の所に私が立っているので男の人は出られません。
私はわざと男の人に体がぶつかったフリをして、まっすぐに立ってるおちんちんに下腹部を押し当てました。

私「あっ!!なにコレ?!」

男の人は焦っていたのか、パンツをずり上げきれていなくて、直に私の服におちんちんが触れました。
先が濡れていて、私の服から粘りのあるお汁が少し糸を引きました。

私「ヤダ・・・」

私はそう言いながら、(あくまでも『やめてください!』的な態度で)おちんちんを握りました。

男の人「あっ・・・!」

男の人は驚いて腰を引こうとしましたが、私は手を離しませんでした。

私「カチカチじゃないですか。いつもこんな場所でしてるんですか?」

そう言って手を前後に動かし始めました。

男の人「ちょっと・・・」

私「ほら、どんどん硬くなって気持ちよさそうなんですけど・・・」

男の人「やめて・・・あぁ」

男の人もラッキー(と思ったかどうかはわかりませんが)とばかりに私に身を委ねてきました。
おちんちんの先からどんどんお汁が溢れてきて、手を動かす毎にくちゅくちゅ音が鳴りました。

男の人「気持ちいい・・・」

そう言いながら男の人は(ヤレる!)と踏んだのか、私のスカートの中に手を入れてきました。
正直私は、その人を(手でイカせてイタズラしちゃおう)くらいの気持ちだったのでびっくりしちゃったんですけど、もう下着の中はグチョグチョだったので抵抗する気持ちは起きませんでした。

男の人「すっごい濡れてるよ・・・」

私の耳元で囁きました。

男の人「エッチしたかったの?」

私「イヤ・・・」

そう言いつつも私は男の人のなすがままに足を少しずつ開きました。
太い指が私の中に入ってきて、ゆっくり、ゆっくりピストンし始めました。

私「あっんん・・・」

男の人「ん?どうしたの?」

私「もっと・・・」

そう言うと男の人は指をいきなり3本入れてきました。

私「んん!!!」

ちょっと痛かったのですが、ゆっくり舌で舐めるようにヌルヌルとピストンをするので、すぐに気持ちよくなってしまいました。

私「はぁ、もっと・・・あっ、太いの欲しいです・・・」

男の人「これ・・・?」

いきなり熱くて硬いおちんちんを私のおまんこに擦りつけてきました。
バックから、素股の状態で、ゆっくり腰を押し付けてきます。
すごくヌルヌルの状態だったので、とにかく気持ちよくてそれだけでイッてしまいそうでした!
でもそこで終わっちゃうのはイヤだったので、「あぁあっやっ・・・入れてっ、あっ、おちんちん入れて・・・お願いっ」とおねだりしました。
男の人はそれ以上何も言わず、いきなり私のおまんこにおちんちんを突き入れてきました。

私「あ・・・!!」

すごく熱くて、おまんこの中が圧迫感でいっぱいになりました。
もういきなりすごいピストンでした。
ドアはガタガタするし、外に声が聞こえるかもと思いましたが、むしろその状態に興奮しってしまって、いっぱい声を出してしまいました。

私「ああっ、スゴっ、やん・・・おっきぃ・・・」

気づくと私はお尻の穴まで見えそうなくらいお尻を突き出して足を開いていました。

私「あ~い、イク!やっだめ!まだ・・・イキたくないっ」

男の人「すごくいい、締まるよ、あっ、イイっ」

そう言ってピストンしながら、私のお尻の穴に指を入れてきました。
私、実はアナルセックスもすごく好きなんで、両方の穴から攻められると本当に気持ちいいんです。
膣がさらにぎゅっと圧迫されるのを感じました。
私のおまんこのお汁でヌルヌルになった指がお尻の穴に出たり入ったり・・・。

私「あっ、お尻!イイ!あんっ、もっとっ、あ~」

男の人「すっごいキツ!あっ、お尻入れるよ、入れるからね・・・」

そう言うとズルっとおちんちんを抜いて、お尻に先っちょを押し当てました。

私「あっぁうう・・・!」

さすがに一気に挿入は出来ませんでしたが、ぐいぐいと少しずつ押し当てて、ゆっくり私のアナルにおちんちんを突き刺しました。

男の人「あぁ~、すぐイク・・・!!」

私「キツい!抜いて、おねが・・・ぁっぁ」

アナルをピストンで掻き回され、気持ちよすぎて変になってたかも?
私は自分でクリちゃんを弄って、男の人の指は今度はおまんこに。
もう色んなところから、ぐちゅぐちゅズチュズチュ音がしました。

私「はっぁぁ、アナルで、アナルでイッちゃうぅ」

男の人「俺も、イク、イクっ、あ~!!」

私「あっん、あぁ、あ!」

二人で声をあげてイッてしまいました。
お尻の中でビクっビクっと精子が飛び出しているのを感じました。

この後は二人とも妙に恥ずかしくなってしまって、何も言わずに別れたのですが、凄く勿体無いことしたな。
今も思い出してオナニーしちゃってます・・・。
あの人も私でオナニーしてくれてるのかな?

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い専門出会いtomorrow

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン