新着情報

パソコン部の先輩2人にオナニー見られた

この体験談は約 5 分で読めます。

はじめまして、俊と言います。
今となってはいい思い出の、中学時代の体験を話します。

中学時代、僕は自分を含めて部員3名のパソコン部に所属していました。
2人とも女の先輩で、愛理、來未という名前でした。
僕は女の子が苦手で、2人ともそこまで話さず、黙々とパソコンをするのが普通でした。

ある日、朝からムラムラしており、終始落ち着かなかった僕はHRが終わると颯爽と視聴覚室へと向かいました。
パソコンでエロ画像を検索したかったけど、学校側の厳重な管理で見れない事を知ってた僕は、以前から自分のSDカードにエロ画像を保存して持ち歩いてました。
パソコンに差すとすぐさま開いてオナり始めました。
その数分後、急に扉が開き・・・。

來未「あー疲れた」

愛理「あれ?もう俊来てるの?」

僕は慌てふためき、パソコンの画面を消すこともなく、とりあえずズボンを穿いて平然を装うとしましたが・・・。

愛理「え?何見てるの?」

來未「もしかしてオナニーしてたの?」

愛理「うはー変態じゃん。もしかしてあたしらに見て欲しくてここでやってたの?」

僕「違います、えっとその・・・」

愛理「何が違うよ。立ってるのにそれは説得力ないわー」

來未「まー仕方がないよ。うちらもオナニーするし、セックスもしたことあるし」

2人が非処女と知り、さらに興奮してしまった僕。

愛理「うわー!また大きくなってない?欲求不満にも程があるわー」

來未「ねー愛理。うちらのせいでオナニー出来てないしさ、一回くらい抜いてあげようよ」

愛理「んー。まー可愛い後輩だしね。どうせうちらが卒業したらパソコン部も潰れるし、思い出作ろっか」

僕「ほっ、ほんと?」

來未「あははw可愛い~」

愛理「よーし俊、脱ぎな」

僕は自分はMかも知れないと思いながらも、この上ないチャンスに胸踊らせてました。

來未「大きいじゃん」

愛理「背は小さいくせにねw」

僕は163cm。
來未先輩は166cm。
愛理先輩は170cmありました。
しかも、愛理先輩は溢れんばかりの巨乳で何度かおかずにしてました。

來未「じゃあやるよ?」

來未先輩がゆっくりと上下させ始めた。
あまりの興奮にものの数秒で出してしまいました。

愛理「うはー早漏」

來未「あらら」

僕「気持ちよくて・・・」

愛理「そうだねー、今日はもう先生来るだろうからなー。あ、そうだ」

來未「なになに?」

愛理「ちょっと待ってね」

そう言うと愛理先輩は、スカートの中に手を入れてパンツを脱ぎ始めた。

愛理「俊、明日からこのパンツを穿いて学校に来なさい。じゃないとエロ画像見てたのチクるから」

僕「嬉しいです!パンツくれるんですか?」

愛理「まーね」

來未「あ、そうだ。俊、パンツ穿いて」

そう言われ、すぐさま穿いた。
キツいけど女の子の匂いがして、先輩の温もりがまだ残っていた。
すると携帯で写真を撮られた。

來未「ふふwこの変態くんw」

愛理「んじゃ、先生来るだろうし、今からは普通に部活な」

僕は帰宅後、先輩のパンツでオナりまくった。

次の日、僕は本当に先輩のパンツを穿いて登校した。
勃起は収まらず、その日はできる限り座って過ごした。
放課後、部活に行くと既に先輩たちがいた。

僕「先輩、穿いてきました」

愛理「え、嘘・・・ガチ?」

來未「俊、恥ずかしくないの?」

僕「だって先輩のパンツですよ。しかも先輩が穿けって言ったじゃないですか」

愛理「あー、あたし少し甘く見てた。來未、俊。今日はもうサボろ。あたしもなんかムラムラしてきた」

來未「いーね!あたしも後輩とはやってみたいかも」

童貞卒業の日が訪れた。
仲も良くなかった先輩達と、自分のオナニーがきっかけでここまで親しくなれるとは。

両親共に遅くまで働いてるという來未先輩の家に着くと、先に風呂に入るよう言われた。
どうやら2人で何をするか決めたかったらしく、素直に応じた。
風呂から上がると既に來未先輩がおり、勃起したちんこを持たれ激しく手コキされた。

僕「先輩、そんなのすぐに出ます」

來未「早漏君はある程度出しとかないとすぐにイッちゃうの!」

そして射精した。

來未「余韻に浸る暇はないよ。早く来て」

裸でまだ濡れてるのに、先輩の部屋に連れて行かれた。
すると愛理先輩が既に裸で待っていた。
何度もおかずにした憧れの身体と早く交わりたい・・・。
そう思ってると・・・。

愛理「俊、そこのベッドに寝な」

従うと、ちんこに振動を感じた。

來未「あたしのバイブw気持ちいいでしょ?」

僕「やばいっす。やばいっす」

愛理「へへーん、童貞ボーイよ、イッてしまえw」

しばらくすると再びイッた。
気づけば來未先輩も裸だった。
愛理先輩と比べると全体的に小振りだが、顔は自分好みで声も可愛かったので彼女にしたいとさえ思った。

愛理「俊、ここからが本番よ」

來未「私と愛理。どっちとやりたい?」

愛理「もちろん、やった方とは付き合って」

突然の選択に戸惑った。
自分は気づいてなかったが、2人とも自分が気になっていた。
だからこそこんなこともしてくれる。
でも自分の中であっさり答えは出た。

僕「選べません。僕は來未先輩も愛理先輩も好きです。2人とエッチしたいです」

すると、2人とも顔を見合わせた。

愛理「分かった。でもいつかは答えを出して欲しい」

來未「今は3人で・・・うん。悪くないかも」

愛理「じゃあ、俊。あたしらを気持ちよくして」

僕は頷くと無心に胸を揉み、クンニをし、2人とキスをした。

來未「あっあっ、俊、かなりテクニシャン」

愛理「乳首は弱いんだ・・・んっあぁん・・・あっあっ」

俊「僕の童貞は・・・愛理先輩に委ねます」

愛理「わかった、入れて」

ゆっくりと入れた。
温かくて、ギュッと締め付けられ、脳天がクラクラした。

愛理「デカイ・・・俊好き・・・突いて・・・」

僕は激しく突いた。
途中射精したが、それでも突きまくった。

來未「あたしにも・・・お願い」

何度射精したか分からなかったが、それでも勃起は収まらなかった。
セックスを終えると3人で添い寝した。

愛理「俊・・・気持ちよかったよ」

來未「あ、あたしも・・・」

俊「これからも・・・してくれますか?」

愛理「それは2人を選んでからね」

僕の中で答えは出てた、けどその日は言わなかった。

数日後、僕は呼び出した。

僕「・・・先輩」

愛理「俊・・・」

僕「僕、愛理先輩が好きです。パンツをくれたからとかじゃなくて、セックスしてた時思ったんです。自分をここまでリードしてくれたり、優しくしてくれる人はいないって。だからこれからも・・・よろしくお願いします」

愛理「こちらこそ、よろしくね」

その後、來未先輩にも自分の決断を告げ、2人の卒業を見送った。

あれから数年、今は毎日パンツを見ている。
妻となった愛理のパンツを。
來未先輩も先日結婚したらしく、幸せそうだ。
愛理との今があるのも、今は廃部と化した、パソコン部のおかげだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン