新着情報

不良グループの前で無理やりクラスの女子と

この体験談は約 7 分で読めます。

十数年前、俺が中学2年の時に、3年の不良グループに放課後呼び出しされた。
当然行きたくはなかったけど、逃げると後が怖かったので恐る恐る指定された屋上へ行くと、すでに10人ぐらいの男が集まっていた。
よく見るとその中に同級生の女の子Sが、リーダー格のTの横にいた。
仲間と喋っていたTが俺が来たのに気付くと荒っぽい口調で聞いてきた。

T「N(俺)、お前Sと付き合っているって本当か?」

俺「え!?」

正直面食らった。
Sと俺の仲は悪くはなかったが、逆に特別に仲が良かった訳でもなく、同じクラスの同級生という感じで会話を交わすぐらいで付き合っている事はなかった。
視線をSに向けると“巻き込んでゴメン”という表情でこちらを見ていた。

俺は正直に『付き合っていない』と返答するべきか、答えた後のSがどうなるのか等と色々と考えが浮かんで、返事に躊躇していると・・・。

T「Sに付き合えって言ったら、お前と付き合ってるって言い出してな」

S「私はNくんと付き合っています!」

Sはハッキリと答えた。

Sは普段大人しい感じだったのにこの態度は意外だった。
俺は情けない事に何か言おうとしたが言葉を出せずにその場で立ちすくんでいた。
TはSの言葉を聞くと一瞬怒りの表情に変わったがすぐに元に戻り・・・。

T「付き合っているのなら証拠を見せろ。ここでキスして見せろ。キスすれば納得してやる」

俺「む、無理です!」

T「キス出来ないなら付き合ってないって事だ。Sは今日から俺と付き合え」

Tはジャイアン理論を展開しだした。

SはキッとTを睨むと・・・。

S「キスぐらいいつもしてるから出来ます。それで気が済むんですね?」

そう叫んで俺に早足で近づき、小声で「ゴメン!」と言って俺に勢いよくキスしてきた。
周りで見ていた不良グループは「おおー!!」「マジでキスしてるよ!」と興奮気味に言っていたが、俺はもう恐怖と初キスでもう何がなんだかわからなくなり、頭の中は真っ白。
キスする瞬間に歯と歯が当たって痛かったが、もうどうでもよかった。

体感時間で20秒ぐらいキスしていただろうか、SはTを再度睨みつけ・・・。

S「もうこれで気が済んだでしょ?私たち付き合ってるの!だからあなたと付き合うつもりは全くありません!」

頼りたくなるぐらい毅然とした態度でSはTと向き合っていた。
俺はSの両手の握り拳が怒りなのか、恥ずかしさからなのか、小刻みに震えていたのが強く印象に残っている。
Tは俺とSを交互に見て、茶化すように笑いながら言った。

T「そんな熱烈なキス見せつけられたらしょうがねえな。もうSと付き合うのは諦めるとするか。でもいつもそんなキスしているのなら続きが見たくなったぞ。キスの続きが気になるからいつも通り続けろや」

『続き』と言われても、キスも初めてだった俺に続けられる訳がなかった。
Sも顔を真っ赤にしながら下を向いてしまった。

俺は緊張に耐えきれず「これ以上はしたことないです!」と答えた。

するとTはニヤリとして・・・。

T「それじゃあ俺達が教えてやるから言う通りに続けろ。続けないとここから帰さんからな」

俺は逃げるしかないと思ってSの手を引いて逃げようとしたが、屋上に続くドアと非常階段をTの仲間に立ち塞がれてた。
自分一人なら足には自信があったのでなんとか逃げ切れたのかもしれないが、Sを置き去りにして逃げる事は出来なかった。
続けてTの指示で、Tの仲間が俺とSの両脇をそれぞれ2人で掴まれてもう逃げられなくなり、俺達は諦めるしかなかった。

Tは拘束された俺達を見て満足そうに言った。

T「別に俺はお前達が付き合っているのを知って腹が立ったからリンチしようとか思ってないから安心しろ。ただ2人に続きを教えてあげようって親切心で言ってるだけだ。でも言う事を素直に聞いてくれなかったら気が変わるかもな。大声を出して助けを呼んでもいいけど、どうなっても知らないぜ」

俺はどんな事をさせられるのか、想像する事すら出来ずに震えるしかなかった。
Sも声は震えていたが、まだ強気で文句を言っていた。

S「キスするのを見ただけじゃまだ物足りないの?どうすれば満足するわけ?早く帰らせてよ!!」

Tはニヤニヤしながら・・・。

T「フェラチオって知ってるか?口でチンポを咥えるやつ。エロ本でなら見た事あるけど直に見た事ないからな。とりあえずやってくれよ」

俺もTと同じくエロ本では見た事があったが、それ以上の知識はなかったので興味はあったが、不安と恐怖の方が大きくて俺の股間は反応しなかった。
Sはすごい拒絶反応をして大声を出そうとしたが、Tが思い切りSに平手打ちをすると涙を流しながら黙ってしまった。

T「S、ほら俺も手荒な事はしたくねえんだよ。大人しくフェラチオ見せてくれたら終わりにするから。まだ従わないのなら俺のを咥えさせるぞ。どっちがいい!?」

Tに凄まれたSは糸の切れた人形みたいに座り込んだ。

T「Nのチンポも今ので小さくなったじゃねえか。早くチンポ出して始めろよ!」

Sは俺のズボンのチャックを開けようとしたが手が震えてうまく開けられなかった。
Tはそれを見て痺れを切らしたみたいで、俺のズボンごとトランクスまで一緒に下まで一気に下ろし、俺は下半身を隠す事も出来ずSの前にチンポを出してしまった。
Sは目を丸くしながら怖々と俺の股間に手を伸ばした。
TはグイっとSの手を俺の股間まで持っていった。
突然の出来事に驚いたのか、Sは俺のチンポを思いっきり握った。

俺「!はぐっ」

勢いよく腰を引いて俺は意識が飛びかけた。

T「おいおい、それはNが可哀想だろ」

Tとその仲間は大笑いだった。

T「お詫びに早く気持ちよくしてやれよ」

Sは恐る恐る俺のチンポを舐めだしたが、俺は気持ちよさより痛みの方がまだ強く、少しだけチンポは大きくなったがそれ以上は変化しなかった。
Sは一生懸命にフェラをしてくれたがSもフェラなんて初めてらしく、口の中で舌を動かして舐めるだけだった。

T「N、半立ちのままじゃねーか。一回出したら許してやるから頑張れや」

俺「T先輩、さっきは口でしたら終わりって言ったじゃないですか?約束違いますよ!もう終わりにしてください」

S「もう許して・・・。帰らせてよ・・・」

俺もSも泣きながら訴えたが、Tは許してくれなかった。

T「俺に歯向かうな。そんな事を言うからまた気が変わったぞ。S、俺にもフェラしてくれよ。俺も立っちまった」

S「イヤ!絶対にイヤ!」

T「それじゃNと最後までやってくれよ。2択だ」

俺はTが心底憎くてしょうがなかった。

S「お前みたいな最低な男のチンポなんて死んでも舐めたくない!」

T「S、それじゃお前は自分で制服を脱げ。嫌なら俺が脱がしてやる」

Sは怒りで顔を真っ赤にしたが、すぐに顔面蒼白になり、おずおずと制服を脱ぎだした。
俺は顔を背けたが強制的に首を固定され、Sが脱ぐところを見せられた。
紫のスカーフ、白いブラウス、紺色のスカート、お揃いの上下の下着。
順番に脱いでいくSを見て、頭の中では見てはいけないと拒絶していても、Tの仲間に目を無理やり開かされて見せられた。
Sは制服を着ていても細い体だとわかったが、実際に服を脱ぐと想像より細く、そして驚くほど白い肌だった。
恥ずかしさからSは体を隠す動作をするのだが、胸が強調され俺の股間は反応してしまった。

T「お、NはSが脱いでいるのを見てチンポがビンビンみたいだぜ。服を脱ぐまでの冗談のつもりだったけどNも望んでいるみたいだし、最期までやらせてやるか。S、早く全部脱げ。隠すなよ」

Sは目から涙をこぼしながら脱ぐのを続けた。
でも決して泣き声はあげなかった。
俺は寝転がされ身動きができないまま「やめてくれ!」と叫んだが、Sは靴下と靴だけを身に着けた状態のほぼ全裸になった。
Tに言われた通り何も隠さずに直立不動でいた。

T「SはNの腹の上に座れ。Nの腕は固定したまま手だけ動かさせろ。N、Sの胸を揉め」

SはTに言われるまま俺の腹に座ると、「Nくん、巻き込んでごめんね。私に気にしないで触って」と泣き声で話し掛けてきた。

俺は罪悪感に駆られながらSの胸を揉んだ。
最初は触れるか触れないかぐらい弱く揉んでいたのだが、Tに脅され途中から強く揉まされていった。
他の不良メンバーも興奮してきたようでAVでも見るように俺とSを囲んだ。
しばらく胸を揉んでいるとSの乳首が立ってきてその反応に食いついていた。

T「S、お前だけ気持ちよくても俺は面白くないからSはNにまたフェラしてやれよ。NはSのマンコ舐めてみろ」

Sを無理やりに俺の顔の上に座らせて69をさせられた。
Sは恥ずかしさからとうとう小声で泣き出してしまい、俺も一緒に泣き出してしまったが「早くSのマンコ舐めないと俺が交代してやるぞ」とTに言われ、俺はSのアソコを舐め始めた。
Sのアソコを舐めていると周りは「この状況でよくできるな」「変態なんじゃねえの?」と罵ってきたが、俺にはSのアソコが濡れてきたのがわかった。

もう口もアソコを舐めすぎて疲れてきてヤケ気味になってきた時だった。

T「NもSも限界みたいだし、そろそろ入れさせてやるか」

そのTの発言で周りにいたメンバーがSを再び両脇から固定して俺の股間に誘導していった。

S「それだけはやっぱり止めて!お願い!」

Sは泣き叫んだが、無理やり俺のチンポをSのアソコに当て、Sは上から押されていった。
騎乗位の体勢で俺のチンポを飲み込んでいくSのマンコ。

S「あああぁぁあぁ、い、痛い痛い痛い・・・」

いくらある程度濡れているとはいえ、初めてで、しかも無理やりだから激しい痛みだったのだろう。
俺もチンポが折れるかと思うぐらいの痛みがあった。
周りにいたメンバーは何人かでグッタリしているSを上下にピストン運動を繰り返させて、他のやつらはSの胸を揉みまわしたり、Sと俺の結合部分を見て「本当に血が出るんだな」「すげえ興奮する」などと言っていた。

俺のチンポはみんなに見られているのと痛みとでなかなか発射しなかったが、5分ぐらいすると気持ちよくなってきて限界が近づいた。

俺「出そうだからもうやめて!Sをどかして!」

嘆願したが不良グループは逆に面白がってスピードを速めた。
限界を超えて我慢したが、とうとう俺は・・・。

俺「で、出る!!」

Sの中に放出してしまった。

T「よかったな、N。俺もまだヤッた事ないのに初体験できて。しかもみんなに見られて最高のSEXだったろ?約束通りもうSには寄り付かないから安心しな」

そう言うと全裸で繋がったままの俺とSを置いてグループ全員去っていった。
夢であって欲しかったが、Sの股間から出た血と精液が俺の腹の上に溜まっていたのを見て、現実だと認識して俺とSは泣き続けた。

Sは「ごめんね、ごめんね・・・」と泣きじゃくった。

俺も一緒に「Sを守れないばかりか、ひどい事になってしまってごめん」と言って泣いた。

もう辺りも暗くなってきて、俺とSは汚れをポケットティッシュで拭き、服を着てもうヤツらがいないか誰も居ないか確認しながら2人で屋上から下りた。
Sも俺も無言で校門まで歩くと、Sが「1人で帰るの怖いから家まで着いてきて・・・」とか細い声で頼んできた。
俺もこのままSを1人で帰すのは不安だったので、なるべく大通りを歩いてSを家まで送って行った。

道中Sは、以前からTに付き合えってしつこく言われて、誰かと付き合っていると言えばもう付きまとわれないと思いついて、思わず俺と付き合っていると言ってしまったと話してくれた。
どうして俺が浮かんだのかはS本人もわからないけど、気を許して話が出来る男子が俺しかいなかったのでそう答えてしまったらしい。

次の日からTはもうSに付きまとわなくなった。
俺とSはそれからも毎日一緒に帰るようになったが、心にこの事件が引っかかって付き合う事はなかった。

そして幸いな事にSは妊娠しなかった。
Sは妊娠しなかった事を喜んでいたが、その表情から、またあの事件を思い出しているのは想像できた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン