新着情報

俺の可愛いビッチ彼女

この体験談は約 5 分で読めます。

付き合い始めたのは俺が大学2年、彼女が高校3年のとき。
彼女は高校のときの部活の後輩の友達で、たまに大勢で遊んだりしてるときに仲良くなって進展した。

彼女のスペックは、ルックス普通、身長普通、細くて巨乳。
付き合ってから1ヶ月ぐらいで初エッチ。
処女じゃなかった。
俺はSなので徐々にそういうプレイもするように。
彼女は何でも受け入れるし、感度もいいからどんどんエスカレートしていった。

それまでは神奈川の地元同士で家も近かったからかなり頻繁に会ってたんだけど、半年ほど経って彼女は千葉の大学に入学。
月に2~3回しか会えなくなった。
それからほぼ毎日電話とメールはしてたんだけど、いつもはメールするとどんなに遅くても1時間以内には返してきてたのに、1ヶ月ぐらい経ってからたまにメールが翌日に返ってきたりするようになった。
夜9時頃にメールして、翌日に『ごめん寝てた><』って来たり。
ちょっと心が離れてきてんのかなーって思うと同時に、違う男の存在も疑うようになった。

でも、会ったらいつも通り懐いてくるので一安心。
したけど・・・、彼女の家に行ったときにカマをかけてみることにした。

家に置いといたコンドームを見て、「あれ?ゴム減ってない?」。
エッチの最中に自分でキスマークをつけて、「このキスマークみたいな痕どうした?」。
もう明らかに焦った顔してて、誤魔化すのも下手だしバレバレ。
んで1回戦終わったときに言った。

「俺はお前のことが好きだし、もしお前が浮気してたとしても、それは寂しい思いをさせてる俺にも責任があるから嫌いになったりしない。お前が押しに弱くて流されやすいこともわかってるしそこも好きだし。でも嘘と隠し事はやめろ。俺は信頼関係が一番大事だと思ってるから、嘘をつかれて信頼出来なくなったらもう一緒にはいられない。浮気したら事後報告でもいいからちゃんと言え。それに対して怒ったりは絶対しないから」

彼女は泣きながら浮気したことを告白した。
相手は大学の同級生で、ゼミの新歓コンパみたいな飲み会に行ったときに、彼氏いるって言ったのに押しに負けてエッチしてしまったらしい。

ボロボロに泣きながら、「ごめんなさい」って何度も言う彼女の頭を撫でながら、「大丈夫、怒ってないよ」って慰めた。

泣き止んだ頃に2回戦。
もともとNTR属性も持ってる俺なので、どういう風に迫られてどういうSEXをされたのかを、俺がしてることと比較させて細かく説明させた。

乳首をつねりながら、「そいつにはもっと強く摘まれたのか?」とか、クリを愛撫しながら、「どのぐらい愛撫された?イッたのか?」とか、イラマチオしながら、「そいつのチンポとどっちが大きかった?」とか。

色々聞いた結果、愛撫短めですぐ挿入してきたらしい。
ただ、挿入された後はやっぱり超気持ちよかったとのこと。
でも言い訳のように俺とのSEXとのほうが気持ちいいとか言い出すから、「嘘つけ。誰のチンポでもいいんだろ、この淫乱!」っていじめながらフィニッシュ。

終わってから、これから付き合っていくにあたってのルールを2つ決めた。

・浮気するなとは言わないから、したら必ず報告すること。隠し事と嘘は一切禁止。
・避妊は絶対にすること。出来るだけピルとゴムの両方で。

これが今でも続く俺と彼女の絶対的ルール。

その1週間後にはもう、『浮気しました。ごめんなさい』ってメールが来た。

「しょうがない奴だなお前は」

「怒ってる?」

「怒ってないよ。でも、次会ったとき、お仕置きな^^」

だいたい彼女が浮気したときはいつもこんな感じのやり取り。
2回目は、またゼミの同級生だったかな。
またエッチしながら詳細説明させて、「前の奴が『あいつ、やらせてくれるぜ』って周りに言いまくってんじゃね?実際させてんだし、もう大学内で有名かもな」とか、いじめて楽しんだ。

あ、ちなみにSM的なプレイ内容はだいたい、目隠し、両手拘束、乳首洗濯ばさみ、軽いイラマ、電マ、ケツ叩きがデフォ。
あとは気分とか状況に応じてたまに浣腸、ディルド&アナルバイブ、色んなとこ噛む、挿入中首絞めなど。
ピルを飲むようになってからは生で外出しするようになった。

その後も月1ぐらいで浮気報告。
バイト先の先輩とか、ナンパしてきたチャラ男と即エッチとか、合コン行ってお持ち帰りされて記憶が曖昧とか、ダイエットのためにジム行っててそこのマッチョ店員とやったとか。
あまりにも多いから、(コイツ、お仕置きされたくて嘘ついてるんじゃねーか?)とか思ったけど、ある日、彼女の下乳のとこに思いっきりキスマークついてて、とりあえず他の男とエッチしてるのは嘘ではないってことがわかった。

でも、そんな中でも俺らの関係は上手いこと続いた。
浮気されたこと自体もそうだけど、「気持ちよくされた」って話を聞くたびに嫉妬と興奮があって、(それ以上に気持ちよくさせてやる)って気持ちが常にあったし、嫉妬の度合いをSMとしてぶつけて彼女に対して無茶苦茶することで、俺の気持ちも毎回スッキリしてた。

ちなみに彼女が一番辛かったと言ってたプレイは、ベッドにうつ伏せにして上を向かせて喉の中に入れるイラマ。
そのときは浮気相手がテクニシャンで嫉妬MAXだったから俺のSも最高潮だった。

「両手縛られてたし、本気で死ぬかと思った」って言ってた。

んで1年ちょっとそんな感じの付き合いが続いて、俺は東京の会社に就職して引っ越して近くなったので会える頻度がアップ。
彼女の浮気もだいぶ減っていった。
それから1年後には東京で同棲生活開始。
浮気的な話はまったく無くなり、今現在、普通のSとMの幸せなカップル。
ノロケうざかったらゴメンネ。

まあ、ただの恋愛の価値観の問題だと思うよ。
俺は“カラダの浮気”はそんなに大したことだと思ってない。
その代わり、嘘をつかれることは些細なことでもかなり幻滅する。

最初の浮気で嘘つかれたとき以外は一度も喧嘩したことないし、普段は彼女はちょいワガママな甘えたがりで俺はそれに普通に優しくする関係で、夜だけドSとドMになるっていうのがお互い居心地良くて相性がいい。

今は浮気報告も無くなったけどエッチの時はいつもその当時の話を出して、思い出させてオナニーさせたり言葉責めしたり、俺も思い出して嫉妬して無茶したりして、マンネリ知らずで楽しめてるよ。
ビッチ可愛いよビッチ(笑)

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳大好き!

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン