新着情報

都合のいい肉便器扱いされることに興奮していた私

この体験談は約 3 分で読めます。

大学の時軽音サークルに入ってたけど、都合のいい時に呼ばれてやられてた。
1対1は少なく、いつも数人で、誰かの家にみんなが集まって呼ばれるのがパターン。
夏の夜に学校のプールでやったことも。
居酒屋で下着一枚にされたことも。
新歓で輪姦されて、そこからずるずる卒業まで。
体験人数は30人くらいかな。
今は立派に教師やってます!

まだサークルに入るかどうか決めてないくらいの時、そのサークルで飲み会があるから行ったと思う。
それが確か新歓だったはず。
その前から同じ学部、同じ高校の先輩に誘われてて、名前知ってたのはその人だけ。
一人じゃ不安ということで、同じ学科の友達を連れて飲み会やってる居酒屋に行った。
サークルはほとんど男で、女は私と友達とあと2人だけ。
後でわかったけど、その2人はサークル内の男と付き合っては別れという感じで結構複雑だった。
その先輩は私が高校の時の友達の彼氏で、みんなでカラオケとかによく行ってた。
私が同じ大学に入った時、もう友達とは別れてたけど、「軽音で一緒にやろ」って誘われてた。

だいぶ盛り上がって、みんないい感じになって先輩の家で2次会ということに。
その時、友達はもう帰ってて、女は私と女の先輩1人だけ。
男は7、8人くらいだったはず。
でも全然エロいとかなく、明るい感じで楽しかった。
それが酒が進むにつれ、なんかの拍子に話がエロ方向に。
こっちも飲んでたので、はっきり言ってあんまり覚えてないのだけど、気が付いたら女の先輩と男の先輩数人が消えて、残ってるのは私と3人の先輩と一人の同期。
それでもずっと飲んでて、気づいたら寝てた。

次に気が付いたのは股に違和感を感じてから。
なんと先輩が私のあそこに指を入れてる。
びっくりして辺りを見回すとみんな寝てた。
小声で拒否するも、先輩さらに激しく指を出し入れ。
いつものやさしい先輩ではないような怖い顔だった。

声を押し殺して耐えてたけど、先輩はそんなのお構いなしで攻めて来て、あっという間に挿入までしてきた。
先輩は一言もしゃべらずにずっと激しく突いてきた。
そんな状況でいつの間にか他の人も起きてきて、私の頭を掴んでフェラを強要してきた。
みんなが何も話さず機械的に犯されているような感じ。
物のように扱われている感じがすごくした。

3人の先輩に代わる代わる挿入されて、その間もずっと誰かのをフェラをしていたけど、途中から私もすごく興奮してしまって何回もイッてしまった。
先輩達も何かやらしい言葉を色々言ったりして喜んでた。
私が感じてるのがすごくわかったみたい。
いつの間にか同期は帰ったらしかった。
それから朝方まで何回かして寝て、夕方くらいにやっと家に。

と、これが最初。
あんまり詳しくなくてごめんなさい。

で、それから同じ高校のその先輩は私に対してなんか冷たくなって、ただやる時に呼ぶだけ。
みんなからもそういう扱いを受けながら4年間過ごした。
でも私自身が、むしろそういう惨めな扱われ方に興奮してたのも本当。

今となっては懐かしい思い出。
みんなどうしてるんだろ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟愛

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン