新着情報

試験勉強で集まったバスケ部の4人と

この体験談は約 11 分で読めます。

私はバスケ部のマネージャーをやっていた。
5P相手の男4人は同じ高校1年のバスケ部。
この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。
休みの日はカラオケ行ったり家に行ったこともあった。
ただ恋愛関係になることはなかった。
男の子達にも私にも、好きな人がいたし。

そんな関係の5人だったんだけど・・・5Pをした。

1学期の期末試験勉強中の時。
私は「一緒に試験勉強をしないか」と4人に誘われた。
私は勉強はダメで、それまで成績も結構ギリギリだった。
4人の内のA君は勉強が出来る人だったので教えてもらおうと考えていた。

場所はB君の家。
家がそこそこデカいし親も仕事で居ないからという理由。

B君の家に着いて、とにかく暑かったのでクーラーをつけてもらった。
勉強前に、まず涼みながら話していた。
が、男の子達は私の胸をチラチラと見てた。
というのも、白いYシャツ一枚だったし、私が思ってたより新しく買った青ブラが透けてたから。
そして何より、私の胸が成長期に入ったのかどんどん巨乳になっていってて、谷間が見えていたからかな。
入学した時はAだったけど、この頃はD~E、もしかしたらFくらいまでになってたかも。

とにかく見られてはいたが、特にお互い突っ込むこともなく、勉強しようってことになった。
A君に勉強を教えてもらってる時も胸をチラチラ見られてる感はあった。
他の3人からも。
でも今さらボタン一つとめるのも何か気まずいし、まぁ見られるくらいなら・・・と考えていた。

1時間ほどで勉強にバテた。
私はなんか構ってほしくなって、勉強してる4人にちょっかいを出すようになった。
けど4人は無視。
勉強に集中してた。
私はなんとなく、B君の鍵がついている机の引き出しを開けてみた。

B君「ちょっとタンマ!!」

そう言って、思い切りその引き出しを閉めた。

その焦りぶりに私含め4人は、何か隠されているとすぐに分かった。
B君以外の4人は協力してその引き出しを開けた。
そこにはエロ本とエロDVD、さらにはコンドームまであった。
B君は抵抗を諦めて、私達がそれを見てるのを眺めてた。

A君「巨乳モノばっかだな」

確かによく見ると巨乳女優ばかりだった。

私「やっぱり男の子って巨乳が好きなの?」

B君「全員ってわけじゃないと思うけど」

だけどこの場にいる男4人は、少なからず好きだということだった。

私「私の結構チラ見してたでしょ!」

ここから段々とお互いの性の話になっていった。
みんなが童貞だということ、オナニーはどのくらいするのかとか、私にエッチ経験があるかとか。
私は「ある」と答えた。

しばらくそう言った話をしたあと・・・。

C君「B、お前立ってんじゃねーの?」

B君は否定するが、C君がBの股間を不意に触ると・・・。

C君「うわ、こいつ立ってやがる」

私「サイテーなんだけどー」

・・・とか言いながらも、少しはしゃいでた。

D君「A子(私)に抜いてもらえよ」と冗談半分で言った。

私「絶対イヤです」

拒否したが、少し興味はあった。

次第にB君は開き直って、ズボンを外側に引っ張って、アレが張るように見せた。
ズボン越しからでもアレが立ってるのが分かる。

A君「A子、触ってみろよ」

私は触るだけなら、と思い・・・。

私「んじゃ触ってみるか」

男の子達は少し驚いていたけど・・・。

B君は仁王立ちしながらアレを強調していた。
私はB君のアレを人差し指で触った。
周りの男の子達は盛り上がった。

B君「うおー初めて触ってもらったー、マジ感動」みたいなことを言った。

私も少しテンションが上がっていた。
私は更にズボン越しからアレを優しく擦った。
B君は驚きながらも、「やべ気持ちいい」と言った。

私は早く擦ったり、強く擦ったりしてみた。
周りは「テクニック見せ始めたぞ」と言っていた。
B君はマジで感じ始めていたようだった。

B君「A子、もう我慢出来ない」

そう言って、手を私の頭に乗せ、私の顔をズボン越しだがアレに押し付けた。
その瞬間周りが凍り付いて、ホントに色んな音が消えた。
私も緊張感で一杯になった。
B君もその空気を読んで我に返った。

B君「マジゴメン」

そう謝って私の頭の手を退け、私は顔を離した。
数秒間気まずい空気になったが・・・私はドキドキしながらも興奮していた。

私はB君のアレに手を伸ばし、再びズボン越しからアレをしこしこ擦り始めまた。
周りの空気をひしひしと感じて、なんとも言えない感覚だったけど、擦り続けた。
私は、抜いてあげればこの空気は変わるんじゃないか?と、なぜか思い始めた。

私はB君のファスナーを下ろした。
B君含む周りは、もう私の行動をただ見ていた。

トランクスの前のボタンも開けた。
アレが飛び出てきた。
B君のアレはすでに先っちょが濡れていて、B君は恥ずかしそうにしていたが、かなり立派なアレだと私は内心思ってた。
私は直に手でそれを握り、またしこしこし始めた。
B君は段々気持ちよくなってきていたのか、吐息が漏れ始めてた。
さらにアレの大きさも少し大きくなっていた。

私はそのまましこしこし続けていたら・・・。

B君「あ、イク」

私は反射的にアレを下向きにして、もう片方の手で精液を受け止める形を取った。
B君のアレから精液が出た。
何度もビクビクさせながら、私の手のひらに出していった。

出し切った後、少しアレに精液が絡んでいた。
私はどうしようか悩み、B君を見上げた。
B君は何も言わなかったが、舐め取って欲しそうな顔に、私は見えた。
私はB君の精液のついたアレを舌で舐めました。
アレがぴくっと反応した。
私は全てを舐め取り、どう処理しようか悩んで・・・どうしようもなくて飲んだ。
手のひらの精液はそのままで、タプタプしたままだけど・・・。

周りの空気はまだまだ重かった。
私は何て言ったらいいか分からなかったが・・・。

C君「すごいの見たわ」

みんなその一言で解放されたのか、ワイワイ言い始めた。

D君「それ(手のひらの精液)どうすんの?」

みんなの視線が私に向けられた。

B君「洗面所はこっち」

・・・と、案内しようとした。
けどその時、私には変な意地みたいなのが内心あった。
私はこういうことだって出来るんだよ、みたいな。

口を手のひらの精液に運んだ。
私はみんなの方を見ながら、精液をズルズルとすすった。

一瞬静かになり、誰かが「おお」と言った。

飲精は友達の話やAVで知ったぐらいで、初めて精液を飲んだんだけど、正直気持ち悪かった。
一息入れて、なんとか全部口に流し込んだ。
AVでやってたように、口の中をみんなに見せてあげた。
誰かが「すげぇ」と言った。

私は手のひらの精液も舐め取って、口の中でくちゅくちゅと音を立てた。
そして意を決して飲んだ・・・。
まるで初めてじゃないかのような素振りで。
みんなに口の中を見せて、飲んだことを証明した。

C君「いやまじすげーわ」

そう言って拍手した。
周りもなぜか拍手した。
私は我に返って照れ笑い・・・。
たぶん顔は真っ赤だったと思う。

D君「今の見て立っちゃった」と笑いながら言った。

C君「実は俺も」と同じく言った。

二人ともB君がやったように、ズボンを引っ張ってアレを強調させた。

私「サイテー。もうやらないからね~」

するとA君がこう言った。

A君「実はA子濡れてるんじゃね?」と。

私は反射的にあそこに手を持っていき「濡れてません!」と言った。

でも実は濡れいてました・・・。
だから反射的に、あそこに手を持っていってしまったのかな・・・。

私があそこに手を持っていった仕草に、A君が「エロイなその動き」と言った。
他の3人も「確かにエロかった」と言った。
私は怖いとは思わなかった。
そんなことにはならないだろうと思っていたし、何より私自身、男の子の股間に目がいってしまっていた・・・。

私「じゃあ触るだけだよ」

そう言って、キレイな方の左手で、C君のを触った。
周りが静かになった。

C君のをズボン越しにしごきながら、私はD君の方を見て「こっち(右手)汚れちゃってるから・・・」と言った。
D君はものすごい素直に「次でいいよ」と言った。
D君は普段素直なタイプじゃないので、すごく新鮮だったが、可哀想に感じてしまった。

私はC君のをしごきながら、D君を見つめた。
するとD君は、私の足に手を伸ばしてきた。
すごいソフトタッチで膝の辺りを触った。
私は顔が赤くなっていくのが分かった。

私は「触りたいとこ触っていいよ」と言ってしまった。

D君は私の顔を見つめながら、膝から太ももへ、あそこに向かって手を伸ばしてきた。
D君の手があそこに到達した。
私は顔を逸らし、下を向いた。
D君はパンツ越しに私のあそこを優しく弄り始めた。
A君がいつの間にか後ろに回り、私の胸を掴んだ。
私はそれから逃れるかのように、C君のをしごき続けた。

するとB君がこう言った。

B君「おいA子、いいのかよこんなことして?」

みんな私の答えを待った。
私の顔に視線を送っているのが分かった。
でも私は下を向いたまま、C君のをしごき続けてた・・・。
『いい』っていうわけじゃない、でも『ダメ』っていうわけでもない、という感じだった・・・。

結局私は答えを出さず、その前にC君が我慢の限界にきた。
C君は私の手を軽くどけ、ファスナーを開ける。
そして私にアレを握らせた。
私はC君のアレが見える程度に軽く顔を上げた。
C君のアレも立派だった。
C君は頭を後ろに仰け反らせ、ハァハァ言い出していた。
私はイクのが近いと思い、思い切り早くしごいた。

するとC君は「イク」と言って大急ぎで私の汚れている手を持ってきて、そこに出した。

少しこぼしてしまったが、C君は「あ、あ」と言いながら私の手に出した。
私はそれを自分の髪の毛の間から見た。
顔を上げるのが恥ずかしかったから。

C君「マジ気持ちよかったよ」

そう言って、私の目の前にまだ立ち気味のアレを差し出した。
舐め取って欲しいというのは分かっていたが、その経験は今日のB君が初だった。
私は自然とC君のアレを口に含み、口の中で舌を動かして精液を舐め取った。

舐め終わるとB君が「手のも・・・」と言った。

私は躊躇したが、口に含んで飲み干した。
左の手のひらはB君とC君の精液でべとべとだった。

D君があそこから手を引いて、自分からアレを出し、私の顔の前に持ってきた。

D君「フェラして欲しいんだけど」

私は何も言わずに右手でこすこすと擦ったあと、口に含んだ。
D君は腰に手を当て、感じているようだった。

A君は後ろから私の胸とあそこを弄っていた。
するとA君が耳元で「脱がすね」と囁いた。
私は抵抗する気はなかった。
Yシャツのボタンを1つずつ外され、前は全開になった。
全員の視線が胸に集まり、私はYシャツを脱がされ、ブラだけになった。

B君とC君が「あ~すげぇ」と言って、B君は触り始めた。

D君は「早く脱がせよ」と言うが、A君は少しブラに手間取っていた。

やがてA君が私のブラを外した。

みんなが「おおー」と言った。

「でけぇ」
「乳首ピンクだ、立ってるよ」

・・・とか、色々みんなに言われ、D君のをフェラしながら顔が赤くなった。

目を瞑っていたので、ちょっと誰かは分からないところがあるけど・・・。
誰かが私の胸を触り、D君以外みんな揉み始めた。
私のおっぱいは3人の手でめちゃくちゃに揉まれた。
でも気持ちよかった。
あそこにも手を持ってかれていて、もう誰が何をしているのかが分からなくなってた。

するとD君が「イク!」と言って私の頭を両手で押さえつけ、激しく腰を振った。
そして一番深い位置で射精、直接精液を口の中に流し込んだ。
喉の奥や舌の奥に精液が飛び散っているのがよく分かった。
D君の両足に汚い左手とキレイな右手をかけ、離そうとしましたがダメだった。
私は吐きそうなほどの苦しさの中、D君は結局最後まで口の中に流し込んだ。
アレを口から離されてすぐ、私は咳き込んで精液を吐き出した。
半分以上は無理矢理飲まされたけど・・・。

私「D君・・・苦しいから・・・」と、か細い声で言った。

D君「ご、ごめん、気持ちよくって・・・」

そのやり取りを無視するかのように、A君が「次は俺だな」と言ってアレを取り出した。
私を仰向けに寝かせ、アレを私の胸に挟み込んだ。
パイズリも初めてだった。
A君は私の胸の両脇を手で押さえ、擦れるように溝を作って腰を動かし始めた。
私はその間も、他の3人にパンツ越しにあそこを見られていた。

するとB君が「こっちも脱がしちゃおうぜ」と言った。

私は恥ずかしさで一杯だったが、みんなに身を任せていた。
スカートを脱がされ、パンツも脱がされた。
私は素っ裸の状態にされ、3人にあそこを眺められた。

A君は腰を振りながら「どんな感じ?」と聞いた。
3人は「エグいエグい」と言っていたが、誰かが「でも見てると立ってくるな」と言った。

A君「んじゃ誰か入れちゃえよ」

3人が私のあそこでジャンケンをした。
結果B君が最初に入れることになった。

私「入れるならコンドームつけないと」と、とっさに言った。

B君「あ、そうだね」

そう言って引き出しからコンドームを取り出し、着けた。

C君が「慣れてるなお前」と言うと、B君が「着ける練習するために買った」と言ったのが印象に残ってる。

私「ほんとに着けた?」

確認すると、B君はゴムを着けたアレを私に見せた。

私「いいよ、入れても」

B君が私のあそこにアレを入れてきた。
何度か滑ったみたいだが、それがまた気持ちよかった。
私は胸をA君に犯され、あそこをB君に犯されていた。
それまで我慢していた声が、我慢できなくなった。
私はアンアン喘ぎながら、二人の腰使いで感じてた。
するとA君が「イク」と言って、私の胸の中で射精した。

「あ、熱いよ」と私は口に出して、酔いしれていた。

A君が離れると、私の胸の間に精液が溜まっていた。
私はそれを見て、なぜかすごいエッチな感じになった・・・。

B君と激しくセックスしている間、C君とD君はそれを見ていた。
二人とも我慢出来ないのか、自分で弄っていた。
それを見て、(この後、この二人ともセックスするんだ・・・)と思うと、すごく興奮した。

B君はとにかく気持ちよくなりたいって感じで腰を振っていた。
そしてB君が「あーイク」と言って、中でゴム出しした。
私はイケなかったけど、結構気持ちよかった。

B君が私からアレを抜いた。
するとA君が私のアソコを見てきた。
A君はまだ見てなかったので、さっきのB君達と同じようなリアクションだったと思う。

D君「悪いけど見学は自分の番でしてくれ」

そう言って、私に入れてきた。
私は「ああ・・・」と入れられた時に声が出てしまった。
D君はB君以上に激しかった。
ただ何度かアレが抜けたりしたけど・・・。

A君が私の顔の付近にアレを持ってきて「A子見てたらまた大きくなったよ」と言って、大きくなったアレを口に押し付けてきた。
私は目を瞑ってA君のを口に含んだ。
A君のいる方の逆側から、もう一本アレが私の頬に打ち付けられた。
C君のだった。

C君「俺のも頼むよ」

そう言って、私の手を自分のアレに握らせた。
私はD君と激しくセックスしながら、A君とC君のを交互に口に含んだ。
私は「んー、んー」と声を荒げながら、鼻息も荒くなっていた。
口に含んでいたアレを離し、「あーイッちゃう!」と思わず声に出してしまった。

A君「イッちゃえA子!」と私の乳首をコリコリしてきた。

C君もそれを見てしてきた。

D君「イカしてやるよ」

そう言って腰をガンガン打ち付けてきた。
内股に力が入り、「イク」と言って私はイッてしまった。

私がイッた後の感覚に浸っていても、D君は腰を振り続けた。
A君とC君も私にアレをしごかせた。

D君「あー俺もイクよー」

そう言ってさらに動きが早くなり・・・ゴム出し。

D君「あーすげー気持ちよかったぁ」

そう言いながら、私の中で射精してた。

D君がアレを抜く前に、C君はすでにその後ろに回っていた。
D君が抜いて退くと同時に、C君が入れてきた。

「A子、A子」と言いながら、すごいペースでピストンしてきた。

私が「あっあっ」と声をあげていると、A君が「ほら舐めてよ」と口にアレを押し込んできた。

私は口の中でA君のアレを舌で舐め回してたが・・・それもすぐに出来なくなった。
それだけC君のピストン運動が激しく、気持ちよかった。
だがC君は明らかにオーバーペースで・・・すぐにゴム出し。
C君は「ああー」と言いながら射精の感覚に酔っているようだった。

誰かが「早すぎだろ」と言って、C君は「自分でしこりすぎたわ」と言ってた。

A君が私のあそこに入れてきた。

A君「これがマンコかぁ・・・すげー」

A君が腰を動かしていると、D君が私の口にアレを含ませてきた。
さらにB君も。
C君は射精したばかりなのに、精液で濡らされた私の胸の間に挟んできた。
私は4人の男を同時に相手にした。
それぞれのリズムで腰を打ちつけ、私の体はわけが判らなかった。
恐怖もあったが、今までにない快感を感じていた。
みんなが私で興奮している、私で出したがっていると思うと、頭がおかしくなった・・・。
D君の喉の奥まで出し入れするフェラに苦しみながらも、私は声を荒げた。
鼻水がちょっと出てきたのを覚えてる。
話し声は無くなり、みんなの熱い吐息だけが聞こえていた。

D君「あーイクぞ!」

そう言ってまた口の奥で射精してきた。
精液の量が前と比べて少なかったが、さすがに慣れなかった・・・咳き込んだ。
A君が独り言のように「すげー気持ちいい」と繰り返し言っていた。
するとC君が「やべイク」と言って私の顔にアレを持ってきて射精。
私は目を瞑ってA君の精液を顔で受け止めた。
C君が出し終わり、離れた。

B君「うわ、顔射エロいな」

精液のついた私の顔を褒めていた。
B君はC君が出している間も、ずっと私にアレを咥えさせていた。

B君が「よし俺も顔に出してあげるからね」と、D君のように奥まで腰を打ち付けてきた。

A君とB君のピストンに犯されながら、私は必死に呼吸しながら感じていた。
するとB君が「顔にかけるね!」と言って、口から抜いて顔に射精。

B君が顔にかけている時、A君も「あー俺もイク!!」と言ってゴム出しした。

私は二人ほぼ同時に射精されてしまった。

「あー気持ちよかったぁ」とB君が離れ、A君も離れた。

私は目が開けられない中、私は犯された感覚に震えていた・・・。

以上です。
確かこの時、2時間以上はエッチしてた。
結局勉強する体力はみんな無くて、次の日のテストはボロボロだった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいセフレコレクション

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン