新着情報

カラオケBOX代わりに友カノとホテルに行ったら[後編]

この体験談は約 7 分で読めます。

しばらくペロペロしてた裕子は、「綺麗になったよ^^」と抱きついてキスしてきました。
頭をなでなでしてあげながら、恋人同士みたいなキスを何度かした後で体勢の入れ替えに成功。
今度は裕子が下になって責められる番です。

俺は責められるの好きだけど、責めるのも大好きなんですよねw

上になる時に自分の足を彼女の足の間に入れて、左手は彼女の頭の後ろ。
完全に先ほどやられたのと同じ体勢になりました。

俺「なあ、さっきしてた時って、どんな事考えながらしてたん?」

裕子「んー。別に何も考えてなかったけど?」

俺「ふーん。じゃあこれは何?^^」

そう言いながら俺は裕子の股間へ手を伸ばそうとしました。

裕子「ちょ、ちょっと何するんよ!」

俺「ん?何って、ちょっと確認するだけ」

裕子「待って待って!何も確認せんでええから><」

俺「ふーんw」

そんな言葉じゃ俺は止めれませんw
裕子は左手でガードしようとしましたが、俺は裕子の頭に回してた手で彼女の左手をガッチリキープ。
裕子の右手は俺の背中に回ってるので身動き取れない状態です。
少し強引にパンツに触ると彼女は目を逸らしました。

俺「なあ、なんか濡れてんで?w」

裕子「・・・」

俺「なんで濡れてるん?」

裕子「汗かいただけ」

俺「ふーん?^^」

裕子「・・・」

俺「俺、何もしてなかったのに、何で濡れてんの?」

裕子「だから汗って言ってるやん・・・」

楽しくなった俺はパンツから手を離して太ももをスススッと指先で撫でました。

「あんっ・・・」と可愛く声を出す裕子。

もっとこの声を聞きたくなったので攻めに集中w
顔をこっちに向けないので、うなじから耳を舐め舐め。

裕子「んあっ!・・」

俺「どうしたん?」

裕子「なんでもない><」

太ももを撫でてた右手でパジャマの紐を解いて開くと、パンツと同じ色の可愛いブラジャー出現。

俺「可愛いブラジャーしてるんやなw」

裕子「見るなあああああ・・・」

そんなこと言われてもねぇw
そのまま右手でブラジャーの上から乳首の辺りをクリクリと。

裕子「あん・・・ねえ、もう、あかんて・・・あぁ・・ん・・・はぁん・・・健二ぃ・・・」

掴んでる左手は少し暴れようとしてましたが、クリクリしてると大人しくなりました。
そこで彼女を起こしてパジャマを脱がし、背中のホックを外しブラジャーを抜き取ると形のいい胸が。

俺「乳首立っとるよ?」

裕子「言うなああああああ><」

でも隠そうとしないんですよねw

俺「可愛いやん^^」

そう言いながら胸に吸い付く俺。
胸を揉みながら乳首を摘み、逆の胸にひたすら吸い付く。

裕子「あんっ・・・あぁぁ・・・や・・・はぁ・・・あんっ・・・んっ・・」

手を下に持って行くと、ぎゅっと足を閉じようとしてましたが、キスしながら、「足開いて^^」と言うとゆっくり開いてくれました。
パンツの中に手を入れるともうヌルヌル。

俺「やらしーw」

裕子「だって・・・」

俺「だって、なに?」

裕子「さっき健二にしてあげてたら、気持ちよくなってきて・・・」

すごく愛おしくてぎゅっと抱き締めてしまいましたw
そのまま指で弄るとクチュクチュと小さな音が。

俺「聞こえる?裕子のあそこから音してるで?」

裕子「あん・・・言わん・・・といてよ・・・」

俺「気持ちええの?」

裕子「う・・・ん・・・あぁんっ・・・」

俺「俺にしながら、自分もして欲しかったんやね^^」

裕子「うん・・・あぁ・・・んっ・・・して・・・欲しかってん・・・」

俺「やらしー」

裕子「だって・・・健二が・・・すごく感じて・・・くれてるの見て・・・あん・・・」

俺「もっとしてあげるから脱ごっか?」

裕子「うん・・・」

起き上がって腰を浮かさせてするっと脱がしました。
パンツにはきっちり染みができてました。

俺「見てみwこんな濡れてたでw」

裕子「みるなああああああああああああ!!!><」

そう叫んでパンツを奪う彼女。
かなり恥ずかしかったみたいですw

それからしばらくキスをして、耳からうなじ、胸と徐々に下に向かって行きました。
そしてあそこに到着。

俺「足開いて」

裕子「や・・・」

俺「開いてみ?」

裕子「やぁ・・・」

俺「なんで?」

裕子「だって・・恥ずかしいやん・・・」

俺「わかったから開いてみ?w」

すると裕子は諦めたように足を開いていきました。
俺は彼女の開いた足の間に入り、顔を近づけていきました。

裕子「ゃん・・・やっぱり恥ずかしいって・・・ねえ?・・・聞いとる?」

聞いてません、つーか今の俺には聞こえません!
そのままあそこにキス。

裕子「はぁん・・・」

舌でビラビラを舐めながら、時々クリをつんつんしつつ、ひたすら舐めてました。
後からわかったんですが、裕子はクリがすごく敏感で感じやすいそうです。

裕子「あんっ・・ああっ・・・やっ・・・んぁん・・・はぁ・・・んっ・・いい・・・あぁんっ・・やん・・・はぁっ・・・んっ・・け・・・んじぃ・・・気持ち・・んっ・・・いい・・・ね・・もっと・・・して・・・んっ・・あぁ・・・そこ・・・いい・・・あんっ・・・ぁぁ・・・」

さらに濡れてきてるので、指を入れて手マン&クリ攻撃。
あっさりとなんの抵抗もなく指が入りました。

裕子「んぁっ!んっ・・ぁんっ!・・・はぁ・・・んっ!いい・・・気持ち・・いぃよ・・・健二ぃ・・・」

裕子は両手で俺の頭を掴んで、自分のあそこに押し付けようとしました。

裕子「ああんっ!・・・そこ・・・そう・・・そこ・・・んあんっ!ね・・健二・・・もう・・・もう・・・あんっ・・・健二ぃぃ・・・だ・め・・・はぁん・・・健二・・・けんじぃ・・・だめ・・・イッちゃう・・・や・・・や・・・ぁん・・・や・・・んっ!ねえ・・もうだめぇ・・・イッちゃ・・・うぅ・・・ああああああんっ!・・・だめ!・・んっ・・健二ぃ・・だめええええ!!!・・・んっあああっ!!!」

裕子の体に一瞬力が入ったと思ったら、しばらくして力が抜けてぐったりとしてしまいました。
俺の顔はベタベタになってたので、ティッシュで拭いてから彼女に軽くキス。
目を閉じてはぁはぁ言ってた裕子は目を開けて抱きついてきました。

裕子「気持ちよかったぁ・・・w」

何度もキスしながら見つめ合ってると彼女の手が俺の股間に。

裕子「ね・・・続きしよ^^こんな硬くなってたらすぐ入るし」

俺も早く入れたかったのでゴムを付けようと思って探すと・・・。

裕子「そのままでええから^^」

俺「え・・でも・・・」

裕子「ええから^^何も付けんでええから」

今までゴム付きでしかしたことなかったので、さすがに考えました。

裕子「ねえ、そのままでええから・・・ね?^^」

その言葉で吹っ切れた俺。
何も付けずにそのまま突撃することに。
濡れ濡れのままだった彼女のあそこに挿入せずに焦らしてみたりw

裕子「あん・・・ねぇ・・・早くぅ・・・あんっ・・・ねぇ・・・ちょうだい・・・ね?・・・ねえ・・・ああっん!」

しばらく焦らしてから先っちょだけ挿入w

裕子「はぁんっ!ねえ・・・もっとぉ・・・健二・・・ちょうだい・・・おねがい・・・んっ・・・やん・・・健二ぃ・・・ちゃんと頂戴・・・」

先っちょだけ出し入れして反応を楽しんでから一気に挿入!

裕子「んああん!!!!!もうっ!健二のあほぉ><急に入れんといてよ!」

この時、一回出してるのに、初めて生でする感触と、裕子の中のキツさで入れた瞬間に俺はいっぱいいっぱいw

俺「裕子、やばいかもw俺すぐイキそう・・・」

裕子「えええっ・・・だめっ!!!我慢してよっ!!!」

俺「でも無理っぽいw」

裕子「動かんでええから、落ち着くまでこのままでいよ?^^」

裕子の言う通りに動かずにじーっとしてたんですが、物足りなくなってちょっといじめる事にw
俺は動かずに、指で裕子のクリを刺激する作戦です。

裕子「あんっ!なにするんよ!!・・・んっ、んっあん!!・・・動くなって・・・言ったやん!!・・・ぁっ・・・」

俺「動いてないやんw」

裕子「違うって・・・はぁっ・・・そうじゃなくて・・・動くなって・・・」

俺「だから動いてないやんw」

裕子「あんっ!・・健二のあほおおおおぉ><ああんっ・・・あかんって・・・イッちゃうってば・・・」

俺「何回でもイッてええよw」

裕子「イッちゃう・・イッちゃうよぉ・・・ねぇ・・・健二ぃ・・・あんっ、健二ぃ・・・んぁんっ!あかんって!!ねぇ!ああああん!!!!!」

裕子のあそこがぎゅっと縮んで俺の息子を締め付けた後に、ふっと彼女の力が抜けました。

裕子「・・・健二のあほぉ・・・><」

俺「ん?でも、よかったやろ?^^」

裕子「・・・あほぉ・・・健二ぃ・・・ちゅーして・・・」

もうね、可愛くて可愛くて惚れちゃいましたw
繋がったままぎゅっと抱き合ってずーっとキスしてました。
10分ぐらいして、なんとなく落ち着いてきたので動くことに。
まあ、ただ動くだけだと光の速さでイク自信があったので、クリ刺激作戦も併用w
腰はゆっくり動きつつ指に集中です。

裕子「あんっ・・・あんっんぁんっ!けんじぃ・・・けんじぃ・・・あん!いぃ・・・けんじぃ・・・気持ちいいよぉ・・・ねぇ・・・もっと・・・もっとして。そう・・・けんじぃ・・・はぁ・・それいいの・・・あんっ、けんじぃ・・・好き・・・健二が好きなの・・・んあっ、ね・・・一緒にいこ・・・健二と・・・一緒に・・ああんっ」

もう俺も限界に近かったので生でやってる事を裕子に言うと・・・。

裕子「いいからっ!!あんっ!そのままちょうだい!!やんっ!健二の!そのまま頂戴!!!!」

それを聞いた俺は安心してラストスパートw

裕子「あんっ!あんっ!!けんじぃ!んぁんっ!!あぁんっ!!ねえ・・・きて・・・一緒に・・・けんじぃ・・・健二!好きっ!!・・・んあんっ!一緒に・・んっ、いいっ!そう!んっ!!来てっ!来て!!けんじぃぃぃ来てええええええ、けんじぃ!けんじぃ!ああんっ!!だめ!イッちゃう!イッちゃう!けんじぃ!あああああああっ!!」

すごい締め付けと共に裕子の中に思いっきり発射しました。
生は初めてだし、中出しも当然初めての経験でした。

裕子「健二ぃ・・・なんか・・健二がピクピクしてる。健二ぃ・・・ちゅー・・・^^」

まだ繋がったまま息子が小さくなるまでキスしてました。
その後で、二人でシャワー浴びて睡眠しました。
起きた時にキスすると・・・。

裕子「やっちゃったね・・・愛と徹には絶対秘密ね!」

それは当然だし、深く考えても仕方ないので、もう1ラウンドしましたw
後で聞くと、裕子も徹とするときはゴム付きでしかしてないらしく、今までの相手も全員ゴム付きでしてたと。
俺とゴム無しでした理由を聞くと、「気持ちよかったから、つい・・・w」だそうですw
ホテルに行った時点ではこんな事になると思ってなかったと。
俺の息子を握ったとこでやめるつもりだったけど、俺の反応見て調子乗って止めれなくなったらしいです。

愛と徹には内緒のままで、裕子とは大学卒業するまでセフレしてました。
俺は裕子のテクにはまって、裕子は俺が反応するのが嬉しかったらしいです。
よく聞くと、徹はマグロ男だったとか。
フェラテクもちゃんと教えましたw

他にもありますが、この辺で。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン