新着情報

激しいエッチ希望の欲求不満人ナースをお持ち帰り

この体験談は約 4 分で読めます。

一昨年の職場(病院)での忘年会の話です。

一次会は温泉旅館の大広間を貸し切ってスタッフ全員で大宴会なんですが、お偉い方も参加しているのでさして盛り上がるでもなく普通に過ぎていきました。
ほろ酔い気分で二次会です。
と言っても二次会は同じ旅館のカラオケスナック。
院長がおばさん事務員とチークを踊るのを横目で見つつ、うーん全然酔いたい気分じゃないなーと冷めていたら、「ねぇねぇ先生、もう次行こー」とお誘いの声がナース達から。
気分はキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!ですわ!

ということで三次会へ!
とりあえずドクター3人と、ナース4~5人で近くの行きつけのスナックに。
このスナックは病院御用達なので、途中で他のドクターやナースが入れ替わり立ち替わりです。
なんだか誰を口説けばいいのかわからん状態になってしまいました。
とにかく近くにいた周りの子たちにウイスキー・ビール・カクテルをチャンポンで飲ませていると、普段からこいつ可愛いなーと思っていたゴマキ似の新人ナースがエロトーク炸裂し始めました。

「私の彼氏は淡白だ!私はもっと激しいエッチがしたい!人に見られると興奮する!」

顔を見るともう真っ赤で目が少しイッてます。
ロックオーン!
狙い撃つとばかりに、「オイオイ大丈夫かー?」と言いながらさらに酒を勧めると、「おいすぃー!」と言ってそれを全て飲み干すゴマキ。
もうこの時点で勝利を確信しました。

周りに何人も人が居るのにゴマキは俺にディープキスをしてきます。
席は隅っこですがおそらく何人も目撃していたでしょう。
そんなこんなで気が付いたらもう2時過ぎで、ゴマキはソファーで爆睡となっていました。
そのうち、「そろそろ帰ろっかー」と誰かが言い、とりあえず解散となりました。

(さてさて、どう持ち帰ったらいいかなー?家には嫁がいるし・・・)

悩んでいたところにナース神の声が!

「先生、この子今日は一次会の温泉旅館で泊まりだから送って行ってあげたら!」

神キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

そうです。
自宅が遠い職員は一次会があった温泉旅館に宿泊となっていたのです。
速攻タクシー呼んで温泉旅館へ向かい、フロントで鍵を預かり、部屋へ行った。
ゴマキはふらふらしながらも俺が手を引くとついて来ます。
部屋には3人分ほど布団が敷いてあったんですが、まだ誰も帰ってきてない!

(オイオイ、もう2時過ぎだぞ!他の子達は何やってんだ?)と思いながらも、(まだ帰ってくるなーまだ帰ってくるなー)と神に祈ります。

とりあえず布団の上にゴマキを寝かし、さてどう攻めようか・・・と考えを巡らせていると、「き、気持ち悪い・・・」とゴマキは呟いています!
ま、まずい!とトイレに連れて行くとリバースして、それはもう大騒ぎです。
しかしそれでも諦めない俺は全部出しきったゴマキが落ち着くまで待ち続けました。

10数分後、ようやく落ち着いたゴマキは、「ふー」と一言言ってスヤスヤ寝始めました。
とりあえず布団の中にゴマキを入れて、キスをしてみます。
でも・・・無反応。
服の中に手をそーっと差し入れ、とりあえずブラのホックを外してみました・・・。

(あんまり反応ないのもなー・・・)

そう思いながらモミモミしていると、「ぅうーん・・・」と少し反応があった。
(これは!)と確信し、乳首を指で転がし続けると、ゴマキのほうから今度はディープキスをしてきました。

とにかくその時点で心配なのは、ここに泊まる予定の残り2名がいつ帰って来るかです。
今この瞬間を目撃されたら明日から仕事に行けません。

(どうする?行くか?引くか?)

自問自答する俺。
しかし、結論は一つです。

(行くしかないでしょ!)

速やかにゴマキを全裸にし、俺も全裸になった。
そうしたら既にゴマキのあそこは大洪水でした。
いつもはねちっこい俺ですが、今は早く終わらせないと、いつ他の2名が来るかわかりません。
ゴマキの「私はもっと激しいエッチがしたい!」という言葉が脳裏をかすめましたが、今回は却下させていただきました。

しかしこの子は感度が良すぎる。
入れた瞬間、周りの部屋全部に絶対聞こえるっていうくらい絶叫です。
しかも言葉が卑猥・・・。

「オマンコ気持ちいいのぉー」
「いつものと全然違うー」
「わたしのがくちゅくちゅくちゅくちゅいってるー」

誰に仕込まれたのかAVみたいに声に出して言いまくる。
・・・思わずキスで口を塞ぎ続けました。
胸はBカップ位だと思いますが、貧乳好きとしてはもろストライクゾーンです。
20歳そこそこの子の肌は張りがよく、乳首も小さくってピンクです。
そしてあそこの毛も薄くって陰部が透けて見える感じです。
っていうか陰部に吸い込まれているペニスが見えます。
若いっていいですよねー。

本当はピンクの乳首を吸いまくりたくて堪らないのですが、口を離すとまた絶叫!なのでずっと口をつけながら腰を振ってました。
いつもは遅漏なんですがこの日ばかりはシチュエーションに負けたのか、すぐに中出しでイキました。
泥酔ゴマキはこっちがイッたのも気づかずに自分から腰を振り続けていますが、一回イッた俺は冷静になり・・・。

このままし続けていたら残り2名が帰ってくるかもしれない。
けどこのまま帰るのは勿体無い・・・。
脳内会議の結論は・・・。

(よし!写真撮って帰ろう!)

とりあえずもうひと頑張りしてゴマキをイカせると、彼女は裸のままスヤスヤ・・・。
何度も声を掛けてみましたが返事はなく寝息が聞こえます。

(撮ってもいいってことですよね)

考えられる全てのアングルで写真を撮りまくった後、部屋を後にしました・・・。

(中出ししちゃったなぁー、まぁいいかー写真いっぱい撮ったし)

気が付けばもう4時過ぎでした。
後の2名は結局帰ってきませんでした。

翌日、病院に眠い思いをしながら行くと、ゴマキも日勤。

「先生いつ帰ったのー?」と普通の声で聞く様子に少しビビりましたが、その後二人の間でこの時のエッチの話は出ず、覚えているのかいないのかすらわかりませんでした・・・。

そんな彼女は先日、愚痴っていた彼氏とデキちゃった結婚をしました。
俺の子ではないので安心しています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

快楽園

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン