新着情報

佳菜と店長[前編]

この体験談は約 9 分で読めます。

まだ1年程前の話です。

自分にはバイト先で知り合った5つ年下(19歳)の彼女がいました。
顔はよく上戸彩に似てると言われおり色白で、胸はCカップでしたがくびれがきれいな体をしていました。
自分にとってはすごくかわいい彼女でした。

彼女は性格的にすごくM気が強くとにかく彼氏についていき、彼氏の言う事は何でも聞いてくれるというタイプのコでした。
かなり素直で世間や社会のことなどはあまり知らない、まだ子供っぽさの残るそんなイメージでした。
本当に心がキレイで思いやりのある優しいコだったと思っています。
しかし付き合って最初のセックス、彼女のイメージが変わります。

自分の部屋のベッドの上で彼女を寝かせ、胸やマンコを弄ると普段から想像出来ないような声で喘ぎだしました。

佳菜「あ~ん、気持ちいぃ、おかしくなっちゃう」

マンコはかなり濡れてシーツにも垂れているようでした。
自分はその変わりように驚きましたがすごく興奮をしました。
そしてさらに彼女が自分の上になりこう言います。

佳菜「おちんちん舐めてあげる」

そういうと彼女は自分の服を脱がし乳首を舐めながら自分のチンコを手で擦り始めました。
チンコを触る手つきが異常なほどいやらしく、手でさわられただけでビンビンに勃っていました。

この日まで彼女のことは本当に子供っぽい印象で、フェラをする姿も想像出来ないくらいでした。

しかし彼女がチンコを舐め始めます。
サオを根元から先まで丁寧に往復していき、タマまで舐め回します。
驚きながらも気持ちよさでさらに興奮しました。
そして、彼女がチンコ咥えると驚きが最高潮に達しました。

ジュルジュル、チュパ、チュパ・・・

いやらしい音をたて、彼女は奥まで咥えこみディープスロートを始めたのです。
あまりの衝撃と気持ちよさで我を忘れそうになりました。
あれほどの気持ちいいフェラはあじわったことありません。

佳菜「もう我慢出来なくなっちゃった、もう入れていい?」

自分はもう完全におされていました。
何とか我に返り、最初のセックスという事もあったのでコンドームが無いことを伝えました。

自分「入れてもいいけど今日ゴムないよ」
佳菜「うん、私はなくても全然いいよ」

この反応にも少し驚きましたが、迷うことなくすることにしました。
正常位からチンコを入れると彼女が気持ちよさそうな声をあげます。

佳菜「あぁーん、気持ちいぃ」

いやらしい表情と喘ぎ声にさらに興奮し自分は腰を振り続けます。
すると彼女は自ら正常位のまま自分の足を抱え大きく広げて喘ぎます。

佳菜「あんっあんっ、気持ちいぃ気持ちいぃ、おかしくなっちゃう」

自分はさらに夢中で佳菜をつきます。
しばらくすると彼女が上になるといい自分の上を跨ぎます。
彼女は慣れたてつきで自らマンコに向かい入れ、いやらしく腰を前後に振り出します。

佳菜「ねぇ気持ちいい?アソコ気持ちいい?」
自分「あー気持ちいいよ、すごくいい」

彼女は自分の乳首を両手で触りながらさらに腰を振ります。

佳菜「あぁーん、気持ちいぃ、あ~ん、イキそう、あっイク、イッてもいい?」

彼女は夢中で腰を振っているようでそのままイッてしまいます。
その後、もう一度正常位に戻って自分も彼女の胸に射精しました。

自分は驚いていました。
ここまで普段とのギャップのあるコに出会ったことはなく、それほど普段の佳菜は純粋そうで、とてもとてもあんな姿は想像出来ませんでした。
自分はどうしても気になり彼女に聞きました。

自分「佳菜、フェラかなり上手くない?」
佳菜「そうなの?そんなことないよ、でも良かった」
自分「どこで覚えるの?あんなテク、初めて味わったよ」
佳菜「え~、別に覚えるとかじゃないよー」
自分「佳菜って今まで何人経験あるの?もしかしてかなり多いとか」
佳菜「そんなことないよ、2~3人かな」

こんなやりとりが最初のセックスの日にありました。
自分は多少の不安を感じつつも特に本気で心配はしていませんでした、あの日までは・・・
佳菜とは週4~5日は会ってお互い一人暮しだった為、どちらかの家に泊まり会う度にセックスしている状況でした。
何の疑う要素もなく佳菜と付き合っていましたが、決まって毎週土曜の夜から日曜にかけては実家(車で15分)に帰ると言っていたので会うことはありませんでした。

付き合い始めて5ヶ月が経ったある日の夜、彼女が自分の家からコンビニに買い物にいきました。
ふとテーブルを見ると携帯を忘れて行っていました。
自分は見たいという衝動に負けて、おもむろに携帯を開きました。
着信や発信履歴を見ても特に怪しいものはありませんでしたが、メールを見ると目を疑うような内容が飛び込んできました。
相手は自分達のバイト先の店長(38歳)でした。

「今週またよろしくね、今度は友達連れてくから待っててね」

何故かドキッとしました。
まだはっきりと決まったわけじゃないのに、何も証拠があるわけじゃないのに。
ドキドキしていると彼女が帰って来ました。
試しに聞いてみました。

自分「今週も実家帰るの?」
佳菜「うん帰るよー何で聞くの?」

少し探りをいれます。

自分「夜電話していい?」
佳菜「あーいいけど、出れなかったらごめんね、親も一緒だから」

何の動揺も見せず佳菜は答えました。

自分はどうしても気になり土曜日佳菜の部屋に行くことにしました。
しかし合鍵は持っていなかったので金曜の夜は佳菜の家に泊まり当然のようにセックスをして、危険かと思いましたが合鍵を持ち出すことに成功しました。
撮れる自信はありませんでしたが、一応デジカメも用意しました。

そして土曜の夜9時、自分は彼女のマンションの近くから彼女が帰って来ないことを祈りながら待っていました。
彼女は土曜の8時半にバイトを上がりそのまま実家に帰っているはずでした。

しかし9時を15分くらい過ぎた頃、佳菜が帰って来ました。
自分の心臓は喉から飛び出しそうになるくらいバクバクしていました。
もしかしたら忘れ物を取りに来てそのまま実家に行くかもしれないとまだ祈っている自分がいました。
恐る恐るドアの近くに行くと彼女はシャワーを浴びているようでした。
ますます嫌な予感がしました。

10時半過ぎ、確信的な人物が佳菜の部屋のチャイムを鳴らしました。
自分は非常階段に隠れていました。
店長と見知らぬ男(30代後半?)です。

店長「佳菜ちゃんSですけどー」
佳菜「はーい」

明るい声で佳菜が出迎えます。
自分の鼓動は最高潮に高鳴っていました。
10分くらい入ろうか考え込み、意を決してドアをそーっと開けました。
あまり撮れていませんでしたがここからデジカメをONにしました。
それを参照した物を報告します。

佳菜「ハハハ、そうなんだー」

緊張している様子はない佳菜の声が聞こえてきました。
部屋は2DKで自分の場所からはガラス越しに見える程度でしたが声はよく聞こえました。

しばらくすると覚悟は決めていましたが、部屋の電気が消え本当に始まってしまいました。
テレビはついたまま。

ヌチャ、ピチャ、ピチャ・・・

店長と佳菜がディープキスをしているようでした。

G「たまんね~、おれはおっぱいもらおうかな」

服は着ているようで、Gが佳菜を触りながら脱がしているようでした。

佳菜「あん、Gさん気持ちいぃ」

あっという間に佳菜は裸にされ2人に責められているようでした。

佳菜「あ~気持ちいぃよぉ、舐められるとおかしくなっちゃう」
店長「佳菜はほんと濡れやすいなー」
佳菜「だって、あっあん、気持ち、いぃ、はぁはぁ」
G「マジエロ過ぎ、ダラダラ垂れてるじゃん」
佳菜「いや~恥ずかしい、言わないで」

佳菜はソファーに座らされ足をM字に開かれているようでした。
自分は悲しい気持ちはもちろんありましたが、かつて味わったことのない興奮を覚えていました。
あの佳菜があんなに普段いいコなのに、自分とセックスしている場所で2人の男に体を許しています。
手マンをされているのかクチュクチュクチュと音が聞こえてきます。

佳菜「あ~ん、ダメェ、イクッイクッ」
G「ほらイケイケ我慢しないで」
佳菜「ヤダッ、イクッイクッ、もうイクッ、あ~ん」

彼女は自分としている時よりも何倍も喘いでいました。

店長「佳菜イッたの?相変わらずいやらしいなー」
佳菜「だって、ハァハァ、気持ちいい」
G「佳菜ちゃんたまんないね、おれのもしゃぶってよ」
佳菜「うん」

そういうと佳菜はGのチンコをしゃぶり始めたようでした。
ジュルチュパジュルルといやらしい音が聞こえます。

G「おーマジ気持ちいい、Sさんの言ってた通り、こりゃいいや」
店長「佳菜いつもやつは?」
佳菜「Gさん反対向いて立って」
G「こう?」
佳菜「もう少し足広げて」

佳菜は自分の目の前にいるGのケツに顔を埋め、アナルを舐め始めました。
舐めながらチンコをしごいているのがはっきり分かりました。

G「うわあ、あーマジ気持ちいい、こんなことまで出来んのかよー」
佳菜「Gさん気持ちいい?」
G「あーマジ気持ちいいよ、もうちょっと我慢出来ないから一回抜いてよ」
佳菜「いいよ、このまま?咥える?」
G「咥えて」

Gがそういうと佳菜はGの前で膝をついてジュボジュボといやらしい音を立て、んッんッと声を出しながらしゃぶっていました。

G「あーイク出るよ出るよ、いいの?このまま出すよ」

佳菜の口に出したようでした。
すぐ店長のチンコもしゃぶらされ、佳菜の大きな喘ぎ声が聞こえてきました。
店長がソファーに座り、佳菜がその上に跨がっているのが見えました。

佳菜「あ~ん、気持ちいいよぉ、店長の気持ちいぃ」

座ったまま腰を上下に振りディープキスをしています。
ガラス越しに見える佳菜の姿にたまらなく興奮してしまっていました。
バックで突き始めるとGも復活したようで佳菜にしゃぶらせようとします。

店長「ほら立って」
佳菜「ハァッハァッ」

立ちバックで突かれながらGの腰の辺りを掴みながら咥えていました。
ガラスの上半分が見えやすい状態だったのでこの時ははっきり見えました。
佳菜は店長の腰振りに合わせて喘いでいました。
Gは佳菜の頭を押さえてフェラをさせています。

店長「佳菜イクよー、あー出るッ」
佳菜「出して出してッ、気持ちいぃ、気持ちいぃ、あぁ~ん」

この時は、外に出したのか中に出したのか分かりませんでした。
生だったのかどうなのかも。
しかし、次の瞬間すぐに答えを目の当たりにしました。

G「生かよ~、マジでいいの」
佳菜「ハァッハァッ」

そういうとすぐ佳菜の声があがりました。

佳菜「ああああぁーん、すごいすごい、あ~ん、すごい」

聞いた事のないすごい声で佳菜が喘ぎ出しました。

G「どうだい?おれのチンポは?」
佳菜「ハァッハァッハァッ、すごい、大きいよ、こんなの」

Gは正常位で佳菜を味わっているようでした。
ギシッギシッと音が聞こえてきます。

佳菜「ハァッハァッ、ダメッ、すごいよ、壊れちゃう」
G「入れて欲しかったんだろ?しゃぶってる時から欲しかったんだろ?」
佳菜「うんッ、欲しかったの、大きなチンポ欲しかったの~」
G「ハハハ、ホントエロイな、彼氏知ってんのかー?」
佳菜「嫌ぁ、それは言わないで」
G「どっちのがいいんだ?彼氏と俺のチンポ?言ってみい?」
佳菜「嫌ぁ」
G「言わないと抜いちゃうぞ、ほら言ってみい」
佳菜「あん、あぁ~ん、Gさんの方がいい、おっきいのいい~」

佳菜はその後も気持ちいぃ~気持ちいぃ~を連発して何度もイッていたと思います。
自分は絶望と興奮で訳がわからなくなっていました。
その後いくつかの体位で佳菜を楽しみGは射精にむかいました。

G「あーイク、中に出していいんだろ?」
佳菜「うんッ、ハァッハァッ、中で出して、いっぱい出して」
G「あー出る、ウッ、ああー」
佳菜「あんッ、あッ、出てる出てるよー」

佳菜は2人の男に中で出され気持ちよさそうにしていました。
ものすごい現実を見てしまいました。
世の中にこんな事があるのかと信じられませんでした。
その反面、自分はすでに3回も射精していました。
これも新たな発見でした。

その後、自分はこっちに人が来ないかビクビクしながら隠れていました。
時間にして10分くらいでしょうか、佳菜は動けなくなっているようで、店長とGが会話をしていました。

G「マジでこのコたまんないね」
店長「いいでしょ?フェラうまいっしょ?」

店長と佳菜の関係が想像出来てきました。
2人の会話はあまり大きな声では無かったのでこれ以上は聞こえませんでした。
時間は12時前、さすがにもう何もないだろうと動き出すのを待っていました。

G「こっちの部屋何なの?」
佳菜「あーダメ、そっちは開けないで」

佳菜が起きたのか、ベッドルームに入るのを防ぎます。

店長「そっちは入れてくれないんだって、彼氏と寝る部屋だからダメなんだって」
G「えーいいじゃん、そんなこと言われるとそっちでヤリたくなるなー」
佳菜「ダメ、絶対ダメ」
G「残念だなぁ、じゃあもう一回フェラして、Sさん時間いいんだよね?」
店長「佳菜いいんでしょ?」
佳菜「うん、いいよ」

そういうとソファーに座ったGの前に顔を近づけフェラを始めました。
店長は佳菜の背後に回り、マンコを弄っているようでした。

佳菜「あんッ、気持ちいぃ」

そう言いながらチュパチュパといやらしい音を立ててフェラもしているようでした。
数分してGの上に佳菜が跨いでいるのが見えました。

佳菜「あッ、あああああーん、やっぱりすごい、気持ちいいよぉ」

大きな声と共にギシッギシッと揺れる音が聞こえてきました。
佳菜はGとも濃厚なディープキスをしながらすごいッ気持ちいぃを連発していました。
しばらくするとGは佳菜を抱えたまま立ち上がります。
駅弁です。

佳菜「あああああーん、すごいよ、気持ちいぃ、ハアッハアッ」
G「どう?佳菜ちゃん、こんなの彼氏してくれないでしょ?」
佳菜「ああ~、ないよ、ないッ、ハアッハアッ」

Gは抱えたまま寝室に移動しようしました。

佳菜「ダメッ、ダメッ、やめて、店長何とか言って」
G「ベッドが嫌ならもうやめるよ、それでもいいなら行かない」
店長「だってさ、佳菜どうするの?」

この間も駅弁のままGは大きく上下に佳菜動かしています。

佳菜「ハアッハアッ、ダメ、そっちはやめて、お願い」
G「じゃあもうやめていいのね」
佳菜「やめるのもイヤ、お願い許して」
G「あーじゃあ終わりだ、本当にいいのね」

Gのピストンはますます激しくなります。

佳菜「あ~ん、気持ちいぃよぉ、もうダメ、好きにして」

その声が聞こえた後、Gは佳菜を抱えたまま寝室に消えて行きました。
ここからは姿は全く見えず、佳菜の喘ぎ声のみがはっきり聞こえていました。

佳菜「あ~ん、おかしくなっちゃう、Gさんのおっきいよ」
G「ベッドはダメじゃなかったのか?もう忘れたのか?」
佳菜「いやぁ、だって気持ちいいんだもん、我慢出来ない」

店長も寝室に入って行くのが見えました。

店長「初めて見たよー、佳菜がこのベッドで喘いでるとこ。◯◯に対して最低限守るんじゃなかったっけ?」

この時、店長が自分達が付き合っているのを知りながらヤッていることを知りました。
佳菜はもう耳に入っていないようでした。

佳菜「あ~ん、すごいよッ、あんッ、あんッ、ハアッハアッ・・・気持ちいぃ、気持ちいぃ、もっと、もっと、イクッイクッ・・またイッちゃう」

それから50分くらいでしょうか、声から想像するに2人に交代で入れられ、時には咥えながら入れられ、佳菜はずっと喘ぎっぱなしでした。
しばらくすると男2人がリビングに戻ってきそうだったので、慌てて部屋の外に出ました。

以上でこの日の出来事は終わりです。

続きはまたあとで。

【iコミックらんど】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ラブコンプレックス
最強媚薬エロティカセブン