新着情報

いつものバイブじゃないみたい

この体験談は約 4 分で読めます。

私が就職した会社には、まともな男性がいなかった。
独身男性はキモ男ばかりだし、既婚男性もお腹の突き出た中年ばかりだ。

うちの会社で魅力的なのは先輩女子社員の久美さんだけで、まるで宝塚の男役のようなキリリとした美形だった。
久美さんは仕事ができて、頭がよくて、いつも私の失敗を優しくフォローして励ましてくれる。

彼氏に振られて、べろべろに酔っ払った私を介抱してくれていた久美さんに、「久美さんが男だったら、あんな男と付き合ってなかったのに」って愚痴っちゃったのは本音だったんだ。
久美さんと彼氏をつい比べちゃって、文句ばっかり言ってたんだよね。
久美さんは喚き続ける私をなだめながら、私の家まで送ってくれた。
一人暮らしの部屋で一人になりたくなくて、私は久美さんに、「帰らないで・・・」と駄々をこねた。
久美さんは困ったように微笑んで、うちに泊まってくれた。

パジャマが無いから私のTシャツを着て、ベッドの横に敷いた布団で久美さんが寝ている。
私は妙にドキドキしてきて、目が冴えてしまった。

「久美さん、そっちに行ってもいいですか?」

レズじゃないけど、人恋しくて、私は久美さんにおねだりした。

「ん。いいけど・・・」

久美さんの気が変わらないうちに、ベッドからお布団に素早く移動。
お布団の中は温かくて、久美さんのいい香りがする。
お酒の飲みすぎで理性を失っていた私は、久美さんにギュッと抱きついた。
ふっくらとした柔らかい体は、男とは全然違って癒される感じ。

「保奈美ちゃん、私がレズだって知ってて誘ってるの?」

久美さんは私の体をきつく抱き締めて、私の顔を覗き込んだ。

「久美さん、レズだったんですか・・・。でも私、久美さんとなら、レズでもいいかも」

私がそう言った瞬間、体がお布団に押し付けられて、久美さんの唇が私の唇を塞いだ。

「彼氏がいるから我慢してたのに・・・。もう保奈美ちゃんもレズの仲間入りだね」

男の人の舌よりも、小さくて柔らかい久美さんの舌が、私の口の中をじっくりと探っている。
舌の裏、歯並びまで確認するみたいに、舌がなぞっていくの。
キスってこんなに気持ちよかったんだ。
私は早くもレズセックスの虜になってしまいそうだった。

久美さんの細い指が私のパジャマのボタンを器用に外していって、パジャマのズボンも脱がせた。
タンクトップとパンティだけになった私は、男とのセックス以上に緊張していて、心臓がバクバクいってるのが久美さんに聞こえちゃうんじゃないかと思った。

久美さんの手がタンクトップを捲り上げて、ノーブラの私のおっぱいを優しく覆うように包み込む。
そのまま撫でるようにおっぱいを愛撫されて、私はくすぐったさと気持ちよさの中間の感覚に声をあげた。

「いっぱい声を聞かせて」

おっぱいを撫でる合間に、指で乳首をコリコリと弄られるのも気持ちがいい。
指で刺激されて敏感になった乳首をしゃぶられたときには、大きな声が出てしまった。

「あんっ!」

久美さんの舌は私の乳首を何度もなぞるように、グリグリと舐め回している。

「ねえ、灯りをつけてもいいかな。保奈美ちゃんの体、見せて欲しい」

恥ずかしかったけど、久美さんが言うのなら頷くしかない。
明るくなると、久美さんのよだれで濡れた私の乳首と、上気して色っぽくなった久美さんの顔が見えた。

「そろそろ、パンティ脱がすね」

自分でもわかるくらいに愛液が出ちゃってるから、パンティを脱がされるのは恥ずかしかった。
脚を開かれて、クンニされて、何回もイッてしまった。
女同士だから、感じるツボがバレバレなんだよね。
レズのセックスってすごく気持ちがいいの。

舌でクリトリスやワレメをたっぷりクンニしてもらった後は、久美さんの細い指でおまんこの中のいいところをイクまで擦ってもらって・・・。
クリトリスの弄り方なんかも、元彼とは比べ物になんないくらいすごくいい。

おまんこの中に指を三本入れられて、私は今まで出したことないような声で喘ぎまくった。
頭の中をチカチカと光が花火のように走って、強烈な気持ちよさが持続するの。
元彼とのセックスでもここまで感じたことなかったのに。

「保奈美ちゃん、バイブとか持ってない?」

久美さんが私の体の上にぴったりと覆い被さりながら、乳首をクリクリと弄った。
何度もイッて体中が敏感になっているから、乳首もすごい気持ちいい。

「バイブ・・・あそこにあります」

私はのろのろと、バイブの隠し場所を教えた。
久美さんはバイブを取り出すと、もうグチュグチュになっているおまんこにズブズブと挿入した。
ちょっと乱暴だけど、ほぐれたおまんこにはちょうどいいくらい。

「ああんっ!久美さん、好きっ!気持ちいい!」

バイブでおまんこの奥を突かれるのが気持ちよくて、私は涙を流した。

「私も保奈美ちゃんが好きだよ。ほら、もっと気持ちよくなって」

久美さんはバイブのスイッチを入れた。
いつもオナニーのときに使っていたはずのバイブが信じられないほど気持ちいい。

「もう保奈美ちゃんは、私の女だね」

クリトリスを弄られながら、バイブでおまんこの中を責められて、私はセックスで初めて失神してしまった・・・。

久美さんとレズ関係になって、私とっても幸せです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン