新着情報

酔った同僚を彼女の自宅で

この体験談は約 4 分で読めます。

冬の寒い時期だった。
膝下まで雪が積もっていた。

夜半、新年会が終わって送迎バスを降りようとしたら、まだ酔い潰れた同僚がシートにうずくまっている。

「おい、山下さん!(仮名)」

声をかけたが、反応がない。
完全に酔っぱらっている。

「どうしますか、自宅までお送りしますよ」

運転手の言葉に甘え、酔い潰れた同僚のアパートの近くまでバスに乗せてもらった。
バスが入れる限界のところで山下をおぶって降り、あとは約30メートルの除雪されていない新雪の中をアパートまで歩いた。

いつもは威勢のよい山下も、このときばかりは羽目を外して飲み過ぎたようだ。
コート越しの背中に当たる山下の乳房がなんとも言えず柔らかく感じられた。
酔い潰れた山下は自力で俺にしがみつくことが出来なかったため、ジーンズのヒップを俺がしっかり抱える形になっていたが、無意識のうちに鷲掴みになっていた。

玄関の鍵は山下のジーンズのポケットに入っていたが、探しているうちにだんだんと意識がはっきりしてきた山下が、「鍵を開けて、一緒に中に入って」と言ってきた。

当時30歳独身、男勝りで負けず嫌いな性格とは裏腹に、スタイル抜群で美形の山下に誘われて、俺はふらふらと部屋に上がり込んだところまでは良かったが、山下は玄関で靴を履いたままのびてしまった。
部屋の中とはいえ外気は零下15度。
火の気のない玄関に泥酔状態で放置しておいたら凍死の危険性が高い。
とにかく靴を脱がせ、部屋に連れて行った。
狭いアパートの玄関でお姫様だっこは腰にきたが、どうにかソファーにおろした。
ストーブに火を入れ、毛布を出してきて掛けてやると、毛布を持った俺の腕を山下が離さない。

(これは・・・?)

意識はほぼ戻っているのに酔ったふりで俺を帰したくないらしい・・・?
いや、本当に酔っている・・・?

「帰っちゃいや。朝まで一緒にいて。そこの押入れにお布団あるから、一緒に寝よ」

うわ言のように呟く山下。
この段階で俺は、目が覚めたらヤッちまおう!と決意した。

指示通り布団を敷くと、山下を改めて布団に寝かせ、俺も隣に横になった。

「ううん、なんか窮屈。服脱がなきゃ。北村君は脱がなくてもいいの?」

(こいつ、わざとやってんのか?)とも思ったが、やはり酔っぱらっているらしく、そんなことを言いながらも自分ではジーンズのジッパーを下ろせないくらいだった。

セーターを脱がせ、Tシャツを脱がせ、ブラジャーを外し、ジーンズを脱がせてタンスの中から別のTシャツを探し出して着せる。
メロンのようなバストがぷるんと揺れる。

俺「ねえ、俺も脱ぐの?」

山下「そーだよ、寝るときはラクな服装にならなくっちゃ」

俺「でもさあ」

山下「なーに?」

俺「俺、勃起しちゃってて、脱いだら絶対に襲っちゃいそうだよ。今だってすんごい我慢してるんだけど?」

返事はない。
寝息を立てている。
仕方なく服とシャツを脱いで腕枕をしてやり、朝までそのまま二人で寝た。

「ワッ!」という山下の驚きの声で目が覚めた。

山下「なんで北村君がここにいるの?」

俺「なんだ、昨日どうやって帰ってきたか、覚えてないのか?」

山下「ゴメン。でもアリガト」

俺「ちゃんと目が覚めた?」

山下「うん、びっくりしたから」

俺「じゃ、ちゃんと言うけど、セックスしたいんだけど、いいかな?昨日の夜から我慢してたから、もう限界!」

返事も聞かずにディープキス。
酒臭い。
メロンのようなバストを揉みしだき、乳首をしたと唇で転がす。
動転していた山下も、観念したのかアホなことを口走る。

「昨日、しなかったの?ほんとに?」

パンティの中は洪水で、いつでも受け入れOK!
片足を抜きながら俺もトランクスを脱ぐ。
ギンギンのペニスの先端で割れ目に沿って縦になぞりながらクリトリスを刺激すると、吐息ともつかない声が出る。

俺「欲しいんだろ、これが!昨日はわざと酔ったふりしたのか?」

山下「こうなりたいとは思ってたけど、ホントに酔っていたの」

俺は頭を入れた状態で、ペニスを膣の入り口あたりで遊ばせ、最後のお願いを言わせる。
興奮状態の女は、中途半端に放置されることがたまらなくなって必ず「もっと奥まで入れて、北村君」と言う。
言わなかったやつは、今までいない。

最後のお願いを言わせたら、後はこっちのペースだ。
一気に串刺しにしてピストン運動だ。
我慢しすぎで、限界はもうすぐそこにある。
しかも山下の膣は中に亀頭を刺激するくびれがあり、こいつが亀頭に当たって、めちゃくちゃ気持ちよい!
限界だ!!

有無を言わさず・・・。

「中で出すぞ!」

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ・・・。

俺は女が自分で腰を引かない限りはそのまま中出しをすることに決めている。
ペニスを入れたまま、さらにディープなキス。

「気持ちよかったぜ。このまま、もう一発いくか。今度は山下もたっぷり楽しませてやるからな」

ヌチャヌチャ、ズコズコ、ペチャペチャ・・・。

「ひい、ひい、いっくう!ま、また、イクうううう・・・」

こうして、ペニスから煙が出るようになるまでヤリ続け、この日は二人とも「風邪を引いて休みます」と連絡を入れた。

山下は今では俺の苗字を名乗っている。
女は恐ろしい。
結局ヤラれたのは俺だった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Number

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン