新着情報

妹思いの姉とエッチな妹

この体験談は約 5 分で読めます。

昔の話なので脚色や記憶改竄があると思うが、そこはネタという事で許して欲しい。

地方の三流大学を卒業した後、地元の小さい会社に就職した。
同期に中卒の女の子がいたんだが、他の人たちが全員40歳越えという事もあって大体2人でつるんでいた。

その子の家庭は複雑で、妹を高校に行かせるために進学せずに就職してお金を稼ぐ事にしたらしい。
とは言え、妹を塾に行かせる余裕も無いとのことで、中1の勉強ならと、俺が家庭教師を引き受けていた。
夏には俺とその同期は付き合い始めていて、それなりに色々したが、童貞の俺はBから先に進めていなかった。

クリスマス前の土曜、彼女が友達と忘年会のため、俺と彼女の妹C子だけで勉強をする事になった。

C子「先生、童貞でしょ?」

いきなりC子に言われた。

C子「お姉ちゃんを触るだけ触って帰らせるから、お姉ちゃんは帰ってから泣いたり落ち込んだりして自分でしている。次のクリスマスデートは、きちんとお姉ちゃんとしろ!」

情けない事に俺は「毎回そのつもりだけど・・・よく分からなくてパニクるから自信ない」といった感じの事を中1の女の子に話していた。

するとC子が、「私は初めてじゃないし、教えてあげるから」とキスをしてきた。

そのまま俺の片足を跨ぐように座り、腰を擦り付けてきた。
パニクってなすがままにされる俺。

C子「腰に手を当てて、動きに合わせて動かして」

舌を絡めながらC子の腰を動かしていると、「もう大丈夫」と言われた。

C子「まず入れる練習」

そう言うとC子は裸になり、俺のズボンとパンツを下ろす。
そのまま俺を座らせ、いったん俺の脚を跨ぐと自分で俺のモノを入れていく。
対面座位の形。

C子「ほら簡単、もう入ったよ・・」

この時点で俺の理性は飛んだと思う。
初めての中は想像してたよりもキツく、温かかった。
俺はC子を抱き、動かした。
すぐに俺は達した。

C子「童貞もらっちゃった・・・」

耳元で囁くC子。
俺のビクつきが止まると自分から抜いて、勉強机に上半身を乗せ、お尻を突き出してくる。

C子「精子、指入れて掻き出して・・・」

彼女よりも毛が濃いかもしれないと思いつつ、精子が溢れ出る膣に指を入れ、動かしながらティッシュで精子を拭き取る。
C子は自分でクリを弄り、声を出さないようにしていた。
そして、何かに耐える声で・・・。

C子「入れてみて・・・」

入れようとするが、なかなか上手くいかない。
それでもC子は何も言わずに俺を待っててくれる。
あそこからは精子とは違うものが出てきていた。
だけど上手くいかない。

C子から「手で持ってみて」と言われ、自分で自分のモノを握ってみると、案外簡単に入れられた。

だけど、今度は腰を動かすと何度も抜ける。
全然上手く動かない。

C子「ゆっくり・・・引いてみて」

言われるままにゆっくり感じながら抜き、力いっぱい突き入れる事を繰り返した。
C子は自分でクリを弄っている。
クリじゃないとイケないらしい。
だんだん慣れてきた俺が、クリを指で触りながらピストン運動をするとC子は呆気なく達した。
だけど俺はまだイッていないから、そのまま弄りながらイクまで腰を振った。

C子の今までの体験は、あそこを舐められて濡れたら挿入、相手がイッたら終わりだったようで、SEXでイッたのは初めてだったらしい。
だから自分がイッても止まらないのは初めてだったと、なんか恥ずかしそうに笑ってた。

いったん二人でシャワーを浴びる事になり、お風呂へ。
お風呂では練習の名目で、手で洗いっこした後に、お互いを舐めた。
C子の手コキと口のコンボでまたフィニッシュ。
俺も何箇所か同時に攻める方法を一緒に考えて試し、またさっきの事に味を占めて、C子がイッても手を休めずに何度か連続でイカせた。

そのまま正常位の練習。
もう挿入に困らなかった。

C子「お姉ちゃんは休ませて上げてね?」

そう言われ、なんとなくキス。
挿入したままのキスはお互い盛り上がるものがあり、そのまま腰を振る。
C子は自分のクリを弄り、ほとんど一緒に達した。
この時のC子のあそこは生き物のように動いていたのを覚えてる。
かなり疲れて風呂から出て、服も着ずにベッドで寝てしまった。

しばらくして、彼女からの電話で目を覚ます。
今からカラオケで3時間後に迎えに来てと言われた。
横を見ると裸で寝ていたC子が目を覚まし、潤んだ目で俺を見ていた。
それから、制服や水着でも楽しんだ。
水着は夏に新調したもので、着ると毛がはみ出したので剃ろうという話になり、俺はわざと全部剃り落とした。
彼氏への言い訳にTバックを買ってあげる約束をして、ツルツルになったところにまた入れた。

で、時間がきて彼女を迎えに行ったんだが、未成年の癖に酒を飲んだみたいで、俺の車に乗るとやたらハイで、彼女の家に着く直前で吐いた。
吐くところが無かったのか、自分の服の中にたっぷりと。

抱きかかえて家に連れて行き、C子に手伝ってもらってお風呂へ。
彼女のリクエストで俺が体を洗う事に。
当然、もうそのつもりで体を洗い、愛撫する。

彼女は、「嬉しい」と喜びながらC子に「C子が私のこと気にしてるの知ってるけど、私、幸せだから。今から幸せになるから、だから見てて」と訳の分からない事を言い始め、C子に見られながら彼女との初エッチになった。
だけど、もう何度もイッてたからなかなかイケずにしていると、C子が参戦してきた。
彼女を抱えて座位になるように言われ、そうするとC子が後ろから彼女のクリや胸を弄り始めた。

C子「お姉ちゃん、一緒に幸せになろ」

彼女はそれを受け入れた。
そして、何度か彼女が達する頃に俺も射精した。

彼女「C子、お姉ちゃん幸せだよ・・・」

C子「初めてなのに気持ちよかったの?」

イタズラ顔のC子。

彼女「うん、凄くよかった・・・」

C子「ねぇ、お姉ちゃん私も・・・ウズウズするの。お兄ちゃんと・・・したい」

彼女「ダメだよ・・・まだ早いよ・・・」

C子「お姉ちゃんと一緒に幸せになりたい」

彼女「・・・分かった・・・ねえ、俺君、C子も・・・お願い」

正直、訳が分からなかったが、C子は俺に抱きつき「これで公認」と呟く。
俺はもうイケなかったが、C子を何度かイカせた頃には彼女は気持ちよく寝ており、C子と体を拭いて一緒に服を着せて寝かせ、俺は家に帰った。

次の日、彼女の家に呼び出されると彼女は全て覚えていて、彼女とC子の初体験を俺が奪った事になっていて色々あったが、それはそれで別の話。

後日談だけど、仕事終わりには彼女の家に行き、2人とする事になった。
彼女はだんだん大胆になり、お尻も含めて3人で色々試していった。
例えば俺と彼女が普通にして、俺の尻をC子がバイブで攻めるとか、彼女達を2穴攻めとかSMなどなど、C子が中心に色々な事があった。
ある日、2人に誘われ泊まりで何度もした。
2人の言葉を受けて、この時は生でし続けた。

そしてその次の日、2人は俺が見たことがない父親の借金のため夜逃げしていた。
その後2人とは会っていないけど、一度フィリピンから差出人名のない絵葉書が届いた。

そこには『元気です』と一言だけ書かれていた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

テレメール

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン